FC2ブログ

タイトル画像

DPT+ポリオワクチンについて

2012.10.31(20:14) 466

DPTワクチンに不活化ポリオを加えた、4種混合ワクチンが11月1日から接種可能となります。

先に申し上げておきます。残念ながら、当医院ではしばらくこのワクチンの接種はできません。

おそらく今後ニュースになると思いますが、この4種混合ワクチン、全く品数が足りていないようです。つまり入荷が未定です。

そもそもDPTワクチンは4回の接種が必須で、そのうち初めの3回はほぼ1月おきの接種となります。
従って、一度接種となるとその方の追加接種の分も必要となるため、あるだけ回してくれ、という理屈は通らない訳です。

メーカーの言い分は、11月から接種可能というのは国がそのように発表しているだけで、生産が追い付いていないという事を理解していないとのことです。しかしそれもおかしいですよね。どうしてこんな10月の末になるまでそのことを公表しなかったのか。

当然国、厚生労働省の責任は重大です。この無責任さには怒りを通り越して、呆れてものも言えなくなります。昨日も市の保健所から、11月の4種混合ワクチン解禁の通達が呑気に送られてきました。これを各市町村の保健センターにでも貼り付けるつもりでしょうか。そしてワクチンの大切さを親御さんたちにしたり顔で説明するのでしょうか。

私たちも4種混合ワクチンについて問い合わせが多く、また11月から接種可能となる割には何の情報も降りてこないため何回もメーカーに問い合わせましたが、わからないの一点張りでした。

8月生まれ以降の乳児の親御さんを中心に、このワクチンの登場を待ち望んでいた方は多いと思います。皆さんの期待をメーカーと国の事なかれ主義、先送り主義が踏みにじったと言ってもいいでしょう。

本当に申し訳ありませんが、他の医療機関でも同様の状況であると考えます。そしてDPTワクチンはやはり決められた通りに接種する必要があります。安定供給が整うまでは、現行の単独のポリオ不活化ワクチンとの併用で、予防接種を勧めて頂くようお願い申し上げます。


スポンサーサイト




Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

肩コリの注射

2012.10.30(23:08) 465

当院では、他で施行していないであろう伝統の治療の一つに、塩酸プロロキシン筋注というものがあります。

要は麻酔薬を筋注することで痛みを軽減させるというもので、それ以上でもそれ以下でもないのですが、肩コリや腰痛などでお悩みの人に、大変効果があります。

麻酔薬なので別に治療となるわけではなく、また効果も数時間程度しかもたないはずなのですが、2-3日は肩コリのつらさを忘れられたという方もおり、大したものだなと思ってしまいます。

私も肩コリが持病なので、この肩の重い感じがとれたらという気持ちは痛いほどわかります。

皆さんに勧める、といった程のものではないですが、もし試してみたいという方がいれば、ご相談ください。

ただ湿布でだいぶましになるという人は、痛くないしそっちの方がいいと思いますけどね。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

薬の確認

2012.10.29(23:45) 464

いくつかの医療機関にかかっている方で、何に比べても大事なのはどのような薬を処方されているかです。

薬がわかるとその人に合わない薬や他に効果のある薬が何があるかなど、大変よくわかります。しかも、例え病気の名前をご存知でなくても、処方内容で大体が把握できます。

若い人、特にお子さんをお持ちの親御さんは大抵他院での処方を教えて下さいますが、中年層以降の方は、何回言っても忘れてしまう方が割に多く、困ることがあります。

細かい事は求めません。はっきり言って、薬局でもらう処方の説明書程度で十分です。

是非薬の内容をお持ちください。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

榎本防災訓練

2012.10.28(12:08) 463

今日は表題の行事に、お馴染みスタッフジャンパーを纏い、居宅事業所の土井さん、中林さんらと参加してきました。

あいにくの雨ではありましたが、本当にたくさんの住民の方が集まって下さり、改めてこの地域の結束力の凄さを見ました。

私もAEDを使用した救急蘇生の実演を担当しましたが、是非皆さんのいざという時の参考になって頂ければと思います。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

N型カルシウムチャネルブロッカー研究会

2012.10.27(23:43) 462

今日は表題の会に行ってきました。

長ったらしい名前ですが、要はカルシウム拮抗薬という高血圧の薬の一種であるアテレックという薬の勉強会です。

血圧コントロールは私の専門分野の一つですが、このアテレックという薬は、血圧を下げるのはもちろんですが、交感神経という血圧を上げたり心臓、腎臓、脳に悪影響を及ぼしうる神経の過剰な亢進を抑制する作用があり、大変注目されています。

個人的にも以前勤務していた病院の部長が演者として参加しておられ、久しぶりにお話できたこともよかったです。

私も臨床の場で、効果がありそうな患者さんがいれば、積極的に使用していきたいと思います。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

痛み止め

2012.10.26(23:46) 461

痛み止めという薬について、意外に難しいなと思うときがあります。

痛みが何によるかで使用する薬が違うのはもちろんですが、意外と選択肢がないのです。

副作用がある薬が多く、究極は麻薬ですが、誰でも使用できる訳ではありません。

また痛みの感じ方には個人差があるため、薬の効果もバラバラになります。

痛み止めを出さない日はありませんが、このように悩む事は多々あります。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

ラジオ収録

2012.10.25(22:34) 460

今日は仕事終了後、ラジオの収録のため大急ぎでラジオ大阪に向かいました。

11月のテーマはズバリ感染症です。インフルエンザの予防接種や今流行っているRSウイルス感染症などについてお話しました。

10月分同様、司会の中村ちあきさんがうまく話を進めて下さり、何とか2月連続の一発録りで終わることができました。

しかし質問に変化球を加えたりと、なかなかに意地悪な部分もあり、いい意味で慣れてきたかなといった所です。

一応読み原稿も考えたのですが、結局はほとんど出番なしで、アドリブばっかでしたね。話のプロと言われる人は、ここでの機転が一流なのだと思います。それに引き換え私はまだまだ五流もいいとこです。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

BCG

2012.10.24(20:35) 459

今日は午後から鶴見保健センターにてBCGの予防接種の仕事に行ってきました。

医師は問診2名、BCG施行者2名に分かれるのですが、私はどちらかというと体を動かしている方が良いので、前回に続き赤ちゃんに例のスタンプを押させて頂きました。

このスタンプ、薬がしっかりと染み込むように、針自体を強く押し付ける事が重要なのですが、接種自体が痛々しいためかたまに優しくしてあげて下さいと親御さんから言われることがあります。

お気持ちは大変わかるのですが、一生に1回しかない予防接種です。しっかり抗体がつかなければ施行する意味がありません。心を鬼にして、うっすらと血が滲むまでスタンプ注射させて頂きました。

しかし力が入るためか、このブログを書いていても右肩がなんか重いですね。皆さんお疲れさまでした。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

他院の画像

2012.10.23(23:00) 458

私が例えば肺炎などで病院に紹介状を書くときに、北田医院で撮影したレントゲンやCTなどの画像は必ず添付するようにしています。

その理由は出来るだけ詳細な情報を提供したいことと、無用な被曝、検査を減らしたいからです。

逆に病院での画像検査を受けられた患者さんは、当医院でもその写真を見ることができます。CDRなどに焼いてきてもらえれば、私の診察室で拝見させて頂きます。

一度主治医の先生にお願い頂ければと思います。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

リスナー

2012.10.22(23:28) 457

今日は往診先で何人かの方からラジオ聞いたよ、と言われました。

こういう時どう受け答えしたらいいか悩むのですが、先生いくつやったんやな、小さい子供おるんやな、など言われると、大変恥ずかしくなってしまいます。

でも有難いことです。わざわざ日曜の朝にラジオを持ってきてチャンネルを合わせて下さるのですから。本当に感謝しなければいけません。

しかし父と声がそっくりやな、と言われると、ほんまにそうなんかなと思ってしまいます。別に似てないと思うのですけどね、、。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

妊婦とインフル

2012.10.21(18:11) 456

2009年に新型インフルエンザが猛威を奮いましたが、その時に妊婦でワクチンを接種した後の出産に関する報告で、ワクチン接種が流産や発育異常などに影響しなかったとの結果が発表されました。

今も例え妊婦であっても、インフルエンザの予防接種は積極的に勧められています。

その理由はインフルエンザに罹患してしまった時の胎児に対する流産や早産などの悪影響が出るリスクが高くなることが、明らかにされているからです。

インフルエンザは例えかかっても重症化しないことが重要で、ワクチン接種の最大の目的はそこにあります。

是非積極的な予防接種をお願いいたします。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

東大阪病院病診連携懇親会

2012.10.20(20:35) 455

今日は午後から表題の会に参加してきました。

昨年に引き続き2回目の参加ですが、同院の先生方と席を並べてお話をしながらスライドで演題を聞くという、いつも私たちが呼ばれる勉強会と情報交換会を一緒にしたような会でした。

演題、特にてんかんについてのお話は大変勉強になりましたし、私と年令の近い消化器の先生とも仲良くなれました。

私の診ている患者さんでは、特に整形外科でお世話になっていることが多かったのですが、これからも様々な科の先生方とコンタクトをとりたいですね。

おいしいご飯も頂きました。東大阪病院の先生方並びにスタッフ、地域連携室の関係者の方々、有り難うございました。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

スタッフジャンバー

2012.10.19(22:14) 454

今日は気温も低く、肌寒いと言える一日でしたね。

そんな日でも私はいつものテロテロの青いカテーテル着で診療でした。

宅診(医院での診察の事)の時は、患者さんは元気ですねという目で見てくれますが、往診の時に外を歩いていたら何この人?という、不審者を見るような視線を感じる事があります。

このままでは私としてもイメージダウンですので、そろそろ昨年作った北田医院スタッフジャンバーの出番ですね。軽くて暖かく、在宅事業部の人たちでいいものを作ってくれたと思います。ロゴ入りで目立ちまくりですが。


Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

旧友

2012.10.18(23:11) 453

今日は研修医、正確には就職活動中の頃からの友人と食事をしに行きました。

消化器内科の医師ですが、将来的な開業のビジョンを持って日夜内視鏡の研鑽をしています。

お互いに知り合ってから、もう8年経つのだなと感じました。私は必然的にそうなりますが、勤務医としてもその科の中で責任のあるポジションに立つ人がでてきます。

色々大変だとは思いますが、是非夢の実現に向けて頑張ってほしいですね。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

主治医意見書

2012.10.17(20:29) 452

しばらく受診されていない患者さんで介護保険の主治医意見書の記載の依頼があれば、看護師さんに頼んで出来るだけ早くに来院してもらいます。

私としては患者さんにとって必要なものであれば、出来るだけ介護度が高くでるように作成したいのですが、なかなかその辺りが伝わらないようで、なかなか来院してくれなかったり、大丈夫、問題ないの一点張りの患者さんもいます。

色々事情はあるでしょうが、患者さんや御家族においては、どうして介護保険を申請するに至ったかについて、今一度考えて頂きたいです。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

抗体

2012.10.16(23:44) 451

今日は20代の方で麻疹のワクチンの接種希望の方が来られました。

ご存知の通り麻疹ワクチンは成人になるまでに打ち終えるのですが、入社時の血液検査にて麻疹の抗体がついていないと言われ、来たようです。

様々なワクチンがありますが、回数のあるワクチンはブースター効果と言って決められた通りに追加接種をすることでワクチンの抗体価を増強させることができます。

しかし、せっかく接種しても何人かは十分な抗体がつかなかったり、その時はついても時間とともに抗体価が落ちてくることがあります。

残念ながらこれがワクチンの限界と言わざるを得ませんが、例えば今猛威を奮っている風疹ならば、予防接種をしていない年代があり、そもそもワクチン接種していない可能性もあり、ややこしくなります。

いずれにせよ不安に思われることがあれば、 血液検査でわかるので受診をお勧めします。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

人生の転帰

2012.10.15(23:11) 450

今日は夜診終了後、いつも治験でお世話になっているノイエスさんの友人と食事をしました。

自身の周辺で突然のタイミングで様々な事が起きたようで、今後の人生設計を真剣に悩んでいる様子でした。

聴いてあげることぐらいしかできませんでしたが、元々頭のいい人なので、どこで何をしても成功すると思います。

しかし人生の転帰というのは本当に何の前触れもなく突然にやって来るものです。

私もそうでしたから。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

ラジオ

2012.10.14(23:20) 449

今日先週から始まった私と理事長が出演しているラジオ、ラジブログの2回目が放送されました。

改めて聴くと、司会の中村ちあきさんの振りにうまく呼応できていない所があったり、言葉がまとまっていなかったりしていけてないなあ、と思ってしまいました。

ある程度議題を決めて収録に望んでいるのですが、結局は本番はアドリブになるのですね。

しかし物事をきちんと理解していれば上手くまとめ、それを分かりやすく人に伝えることができる訳で、自分の未熟さを痛感してしまいます。

日曜朝の番組なので堅苦しくなく聴きやすい雰囲気を目指しているので、少ない時間の中でも常にその事を意識せねばいけません。

言うは易し行うは難しとは正にこの事ですね。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

居宅親睦会

2012.10.13(23:44) 448

今日は放出に住んでいる人ならば誰でも知っている名店、510のステーキハウスにて居宅事業所の親睦会がありました。

色々とここでは書けないような面白い話を普段なかなかしゃべる機会のもてない人たちとすることができて、料理も美味しく楽しい会でした。

仕事はしっかりやって、こういう時はしっかりガス抜きをする方が健全と思います。

普段の仕事について、利用者の皆さんから色々とお褒めの言葉も頂き、私も大変嬉しい限りです。

ステーキとニンニクパワーで来週からも頑張っていきましょう。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

病院の選択

2012.10.12(23:12) 447

今日は放出ふれあいセンター入所の方で病院で入院加療が必要なため、どこの病院に紹介するかで頭を抱えた事例がありました。

病院には急性期病院と後方支援病院の二つに分別され、前者は高度医療や救急治療が得意ですが、長期入院が難しいのと専門的治療に特化しすぎていくつもの疾患を抱えている患者さんの総合的なサポートは苦手です。後者は逆に専門的治療は苦手でも、じっくり入院していくつかの病気の治療をしたり、リハビリをしたりすることを得意とします。

高齢になると当然持病は1つで終わる訳はなく、どの疾患が状態を悪化させてるのか判断に苦慮することがあります。このような時、いつも頭を抱えます。

キーワードは入院前提で考えて頂けるかです。全身の衰弱の強い患者さんで急性期病院に紹介したとき、状態の悪化が当該疾患ではないからといって入院にならなかったことをいくつも経験しています。老人保健施設は医療の場ではないため、紹介を要するときは疾患の鑑別と同じ位、入院して頂けるという約束が大事になります。

病院には病院個別の事情があることはわかりますが、老人保健施設の事情もあります。今後どのように歩み寄るか、大変大きな問題です。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

眠る様に

2012.10.11(20:07) 446

癌の終末期の患者さんがお亡くなりになりました。

自宅に帰って来られた時はできるだけ自宅で療養し、しんどくなったら病院に入院させてもらおうとご家族と言っておられましたが、結局自宅が居心地がよかったのか、そのまま一度も病院に帰る事はありませんでした。

ご家族もよく介護して下さいましたし、よく病気の事を理解して下さいました。癌の痛みも鎮痛薬を上手く使う事で解消でき、点滴の使い方もちょうど適量だったと思います。

ご家族の皆さんを眼で確認し、最期は安心するように息を引き取ったとのことです。私が駆け付けた時も、本当に安らかなお顔でした。

全然つらくなさそうだったとご家族が申されておりました。これもご家族を初め色々な方々のサポートのおかげだと思っています。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

ポリオ

2012.10.10(23:27) 445

この時期にDPTワクチンを打つ予定の人は、少し考える必要があります。

ポリオワクチンの入ったDPTワクチンがおそらく11月に接種可能になるからです。

これと単身のポリオワクチンは成分が違うため、途中鞍替えができなくなります。

同時接種をしないとなると、計4回余分に予防接種をしなくてはいけなくなるため、少し待つのも手です。

入荷したらHPでも掲載します。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

快挙

2012.10.09(22:39) 444

京大のiPS細胞の研究で知られる山中先生がノーベル賞を取られました。
聞けば医学生理学賞は25年ぶりの快挙とのことです。本当に言葉が出ない程素晴らしいことですね。

私は研究畑には居た事がないので見聞きでしか言えませんが、臨床と違って研究とは本当に地道で時間がかかり亀のように粘っこい忍耐力が必要と言われています。何より先人がいない世界です。自分から手探りで見えない目標に向かって進んでいくもので、ほとんどが失敗に失敗を積み重なり徒労に終わることになります。

そうして精も根も尽き果て臨床に戻ったり、研究費が足りずに人や資源が集まらず意欲を失う先生も多く、本当に想像を絶する世界なのだと思います。

この技術で移植でしか救えなかった命が救われたり、慢性変性疾患などで治癒を見込めなかった病気が治るかもしれません。夢のような治療がすぐそこまで来ていることに、底知れぬロマンを感じます。

余談ですが、中高が私の先輩であり、整形外科医であったころの職場が大阪医療センター(当時国立大阪病院)であったとのことで、私のような出来損ないが言うものもなんですが親近感が湧いてきますね。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

結婚式

2012.10.08(15:20) 443

昨日友人の結婚式に行ってきました。

夜からの言わゆるナイトウエディングというものですが、非常に豪華で料理もおいしかったです。

研修医で医者なりたての時の同期であり、私たちはちょうど今もある新しい研修制度の一期生でした。

当時十分な研修が受けられず、また仲間内でもギスギスしてお互い喧嘩ごしに言い合ったり、上司の先生に失礼お構いなしに文句を言っていたことを覚えています。

ちょうどその頃の仲間と同席で、色々と思出話をしました。お互いあの頃は若かったなあと笑えましたが、果たして今の研修医の皆さんにここまでのバイタリティーがあるでしょうか?

話がそれましたが、その中でも私と同じ循環器を勉強した新郎とは、その後もよく食事をしたり付き合いがありました。

一体どんなお嫁さんをもらうのかといつも思っていましたが、大変綺麗な方でびっくりです。

結婚おめでとうございます。これからもお互いに切磋琢磨していきましょう。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

体育祭

2012.10.07(13:28) 442

今日は放出小学校にて地域の運動会があり、医務として参加してきました。

天候にも恵まれ皆さん気持ちよく汗を流していました。小学校の先生が競技に参加するとお子さんの大歓声が凄く、その人気にびっくりしました。私が小学校の時ってもっと冷めてた気がします。

今日から私と理事長出演のラジオ番組、ラジブログがラジオ大阪で始まりました。8時45分からです。毎週ありますので、是非聴いてください。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

抜き打ち

2012.10.06(21:28) 441

患者さんで、例えば咳が続く、高熱と関節痛があるなど、ほとんど同じ症状でもレントゲンを撮ったりインフルエンザの検査をしたりと検査が増えることがあります。

この違いに、実は大きな理由はありません。

例えばマイコプラズマ肺炎が流行ってるとします。風邪の症状と思っていても、何人かはそうな訳です。インフルエンザも同じです。

全員にこれらの検査をやると、医療費もかかりますし、非現実的です。ですので、地域で流行しているかを見る意味で、検査を一部の患者さんさせてもらう訳です。

感染症の流行を察知するのも、開業医の重要な仕事です。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

インフルエンザワクチン

2012.10.05(23:17) 439

10月1日より接種開始となったインフルエンザワクチンですが、何人もの方からお問い合わせを頂いています。

13歳以上は1回打ち、6カ月以上13歳未満は2-4週間空けての2回打ちになります。

今はまだ世間的にも時期尚早の様相かもしれませんが、風邪を引いたりすると延期になるので、いつの間にか流行を迎えてしまうかもしれません。

今なら来て頂ければ予約なしで打てるので、予防接種を考えている方は是非お越しください。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

入院予約

2012.10.04(23:02) 438

今日は大阪医療センターで外来でしたが、4人位入院の指示をしました。

皆さん心臓カテーテル室が完成すれば入院しましょうと伝えていた方々で、たまたま今日に重なった訳です。

おそらく短期の入院で済みそうな患者さんばかりです。頑張って頂きたいですね。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

ラジオ収録

2012.10.03(23:21) 437

HPでも触れていますが、私と理事長がラジオ出演させて頂くことになりました。

ラジオ大阪の朝8時45分から54分までの番組で、ラジブログというタイトルです。10月7日から毎週日曜日に放送されます。

今日がその初収録ということで、弁天町はラジオ大阪本社にて私も初体験の収録を行いました。

初めて尽くしで一体どうなることやらと不安だらけだったのですが、司会の中村ちあきさんが上手くエスコートして下さり、10月分は全て一発録りで収録することができました。

しかしアナウンサーとは凄いなと改めて思いました。どれだけ私がグダグダになってもうまくまとめあげ、そして時間もピタリと合わされます。何より話をしやすい環境を自然と作ってくれます。本当に助かりました。

日曜日の朝の番組ですので、あまり固い感じではなく、親しみやすく聴きやすい雰囲気で、北田医院や地域医療のこと、病気のことをお伝えできればと思います。

これから1年間のお付き合いです。お時間があれば、是非御拝聴下さい。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

子供のワクチン

2012.10.02(23:03) 436

今日生後2カ月のお子さんが初めての予防接種に来られました。

この月齢だと肺炎球菌ワクチンとヒブワクチンが接種可能なのですが、3カ月以降にDPTワクチンが接種可能になります。

しかしおそらく11月位から不活化ポリオワクチンを含めたDPT+ポリオの4種混合ワクチンが出ます。

ややこしいのは今出ているポリオワクチンと4種混合ワクチンに含まれるポリオワクチンは別物のため、どちらかを接種したらそのワクチンをずっと追加接種まで続けなければなりません。つまり、またぐことが出来ないわけです。

ですので、これからDPTワクチンを接種するお子さんは、この4種混合ワクチンで接種することをお奨めします。

しかしワクチンがここまで多くなり、その中で接種間隔を考えなければならないとは、本当に頭が回らなくなりますよね。

当医院ではご希望があればお奨めの接種方法についてもお話させて頂きます。いつでも気軽にご相談ください。

Dr.kitadaのふれあい広場


2012年10月
  1. DPT+ポリオワクチンについて(10/31)
  2. 肩コリの注射(10/30)
  3. 薬の確認(10/29)
  4. 榎本防災訓練(10/28)
  5. N型カルシウムチャネルブロッカー研究会(10/27)
  6. 痛み止め(10/26)
  7. ラジオ収録(10/25)
  8. BCG(10/24)
  9. 他院の画像(10/23)
  10. リスナー(10/22)
  11. 妊婦とインフル(10/21)
  12. 東大阪病院病診連携懇親会(10/20)
  13. スタッフジャンバー(10/19)
  14. 旧友(10/18)
  15. 主治医意見書(10/17)
  16. 抗体(10/16)
  17. 人生の転帰(10/15)
  18. ラジオ(10/14)
  19. 居宅親睦会(10/13)
  20. 病院の選択(10/12)
  21. 眠る様に(10/11)
  22. ポリオ(10/10)
  23. 快挙(10/09)
  24. 結婚式(10/08)
  25. 体育祭(10/07)
  26. 抜き打ち(10/06)
  27. インフルエンザワクチン(10/05)
  28. 入院予約(10/04)
  29. ラジオ収録(10/03)
  30. 子供のワクチン(10/02)
次のページ
次のページ