FC2ブログ

タイトル画像

大晦日

2012.12.31(19:39) 527

いよいよ大晦日ですね。

今年も色々ありました。うまく診断ができて、またはうまく治療ができて良かった、と思うこともありましたが、逆にもっと早くにとか治療がうまくいかないこともありたした。

そして何人もの患者さんとの出会いがあり、別れもありました。

とにかく言えるのは、何かの縁があって当医院で診させてもらっている患者さんに対して、感謝の気持ちを忘れずにいることです。

本年も色々とありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト




Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

師走

2012.12.30(18:56) 526

仕事が終わったからか、昨日は久しぶりに長く眠ることができました。

今日は家族でお出かけです。冬と言えば街はクリスマスで盛り上りますが、私はどちらかと言えばその後の年末年始にかけての雰囲気の方が好きです。

そもそもクリスマスに興味がない(子供に大事だと思いますよ)のと、11月位からダラダラ準備をするというか、引っ張る感じが私には向かないんだと思います。

そこからお正月に向けて、ほんの数日の間で街が様変わりする、そのスピード感にどこか心躍ります。

やはり忙しない方があっているんてしょうね。来年もバタバタしそうです。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

仕事納め

2012.12.29(21:17) 525

今日午前診をもって本年度の仕事納めとなりました。

午後は恒例の和食さとで北田医院の打ち上げを、居宅事業部内で同部署とリハビリテーションセンターの打ち上げをしました。

今年もここまでこれたのは、いつも患者さんのことを考えて動いてくれているスタッフの皆さんのおかげです。感謝感謝です。

故郷に戻られる方も多いと思います。気をつけて帰省してください。

皆さん、また来年元気に会いましょう!

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

書類作成

2012.12.28(23:37) 524

今年も当医院の診療は後明日のみとなりました。

今週は忘年会やなんやらで書類作成がおろそかになっていたので、今日は夜なべしてパソコンとにらめっこです。

仕事納めなのに越冬は出来るだけしたくありません。すっきりしませんからね。

明日気持ちよく終われるよう、今日はハイスパートです。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

専門外の疾患

2012.12.27(23:29) 523

寒波で冷え込む1日でしたね。

今日は大阪医療センターでしたが、予約外来なので来院日をずらすこともできず、申し訳ない気もします。

この病院では自分の専門外の疾患で疑いがあれば、午前中であれば当日に紹介することができます。専門家の先生にすぐ(かどうかはわかりませんが)に診てもらえるのは、患者さんにとっては嬉しいことだと思います。

開業医ならば、ある程度は自分で考えて治療することが多いですが、不安も多少あります。病院で各科の先生がどのように診断し、どのような治療をするのかを見ることも大変勉強になります。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

忘年会

2012.12.26(23:11) 522

今日は大阪医療センター循環器内科、心臓血管外科の忘年会に行ってきました。

今日は予定していた往診が多くまたまた途中参加となってしまいました。

久しぶりに色々な先生方やスタッフの皆さんとお話することができましたし、若手による恒例の出し物も見ることができて面白かったです。特に心臓血管外科のビデオパフォーマンスは最高でした。そういえば私も新人の時某アイドルグループのコスプレ、ダンスをやりました。懐かしい。

とにかく昨年は夜診もあり参加出来ませんでしたが、今年は行けて本当に良かったです。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

クリスマスパーティー

2012.12.25(23:42) 521

今日は夜診終了後、ラジブログ司会の中村ちあきさん主催のクリスマスパーティーに招待されて、行ってきました。

あいにく終了間際からの参加となりましたが、会場内は凄い盛り上りで懐メロやクリスマスソングをみんなで歌って、大騒ぎの状態でした。

なかなかお酒を飲んで出来上がっているところにシラフで入っていくのはしんどかったですが、もし時間がとれてご招待頂いたら、初めから参加したいですね。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

ノロウイルス

2012.12.24(12:26) 520

ノロウイルスの集団感染による死亡のニュースが出てきていますね。

ノロの恐いところはそのえげつない程の感染力にあります。一般的に吐瀉物の処理をした人の手指や唾から感染するため、介護者や医療従事者がもらったり、他の人に媒介しやすいのが原因です。

とにかく手洗い、うがいを徹底すること。消毒は家庭用の塩素系漂白剤(ハイターなど) を薄めて使用するのが有効です。

水分がとれない時は点滴などが必要になりますが、嘔吐を恐れて何も口に入れないのも考えものです。胃腸炎そのものより脱水が怖いからです。

そういえば今日はクリスマスイブですね。美味しい食事の前に、しっかり手洗いして予防に努めて下さい。メリークリスマス。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

インフルエンザ流行宣言

2012.12.23(23:18) 519

いよいよ一昨日厚労省よりインフルエンザの流行宣言がなされました。

当医院でもまだほとんど患者さんはおりませんが、流行というのは全国の統計から抽出される確実なもので、おそらく年末までには増えてくるでしょう。

ワクチンの2回接種が必要な方で2回目の接種が4週を過ぎているのにまだの方もいるようです。来週から休みに入りますので、今週中の接種をお願いします。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

アイミクス発売記念講習会

2012.12.22(23:17) 518

今日は表題の会に行って来ました。

アイミクスとは高血圧の薬で、イルベサルタンとアムロジピンという二種類の薬の配合剤です。

ここ数年高血圧の薬はこの配合剤が主流であり、だいぶ出尽くした感もあります。この薬のポイントは初めてアムロジピンが高容量の10mgを採用したことです。(HD錠) これは血圧を下げるだけであれば、今国内でおそらく最も強い薬の一つでしょう。

実はこの薬の販売前の臨床治験を当医院で施行したこともあり、少し気になっていた訳です。

治験の時の手応えはよかったのを覚えています。しっかり下がります。しかし高容量のものはごく少数の患者さんに浮腫が出たこともあり、これがどうなるかでこの薬の立ち位置が決まるものと思います。

さて、実臨床の場でどうなのか、伺いたいところです。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

土曜日の専門外来

2012.12.21(23:50) 517

基本的に土曜日は病院は外来をしていない所が多くなります。しかし開業医は土曜日は仕事をするので、患者さんによってはその日のうちに専門外来にみてもらいたい、ということが出てきて、困ることがあります。

また、病院への紹介時は平日で半日は時間を空けてもらうというのが原則ですが、中にはどうしても土曜日しか都合がつけれないという患者さんもいます。

今日の患者さんはこの両方の理由があり、土曜日も専門外来をやっている大阪警察病院に紹介しました。

この土曜日専門外来の問題は、私たち開業医にとっても、おそらく病院にとっても悩みの種です。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

エンドレス外来

2012.12.20(23:50) 516

今日は大阪医療センターで外来でしたが、予約の患者さん、新規紹介の患者さんともに多く、朝9時から夕方17時までずーっと椅子に座りっぱなしで診察をしていました。

いつも眠気覚ましのコーヒーと喉が乾かないようにするためにペットボトルのお茶を買ってから始めるのですが、空腹よりも何よりもつらいのがトイレです。

外来からトイレまで少し離れており、長く待っている患者さんの席を横切って行くことになるため、何となく行きにくく、どうしても我慢して仕事をしてしまいます。

考えてみればコーヒーとお茶って、最悪の組み合わせですね。

このままでは膀胱炎は必発なので、流石に考え直そうと思います。本当に人のこと言っている場合ではありません。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

ラジブログ

2012.12.19(20:47) 515

今日はお馴染みラジブログの1月分の収録に行ってきました。

最近理事長はゲストを呼ぶことが多く、今回のゲストは鶴見区包括支援センターの平山さんと、ふれあいセンターのリハビリのトップである、理学療法士の西口さんでした。

お二人ともそれぞれの持ち場での仕事の内容や問題点などをきれいにまとめてくださり、非常にわかりやすくなっています。皆さんラジオ意外といけるんですね。特に平山さんはまだまだ言い足りなそうなので、また来てもらうことになりそうです。

私の方はアルコールのお話やノロウイルス、インフルエンザなどになっています。一応ラジオ収録上、インフルエンザは猛威を奮ってることになっています。未来日記になってしまう所が、先取りの難しいところです。

毎週日曜日ラジオ大阪1314MHz8時40分からです。皆さん是非聴いて下さい。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

感染性胃腸炎

2012.12.18(23:50) 514

今日はとにかく感染性胃腸炎の患者さんが多く訪れる1日でした。

特徴的だったのは、親子で胃腸炎になったとか、前の週に子供が胃腸炎になって自分がなったというように、家族間で多く見られたことです。

家族では同じものを共有したり、接触も多いため伝染しやすいのでしょう。

胃腸炎で一番大事なのは手洗いです。手洗いの徹底でかなり予防出来るはずです。

当医院では感染性胃腸炎のパンフレットもおいています。手洗いの仕方が細かく書かれており、さながら手術前の手洗いのようです。御希望の方は差し上げますので私や受付の人に言って下さい。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

間抜けの構造

2012.12.17(23:01) 513

この週末の出張で何か本を読もうと思い、ビートたけし著の表題の本を読みました。

人生色々な場において、間が大事という話なのですが、これがなかなか面白く、得意の漫才や映画の間の話から始まり、人と話すときの間の取り方やスポーツにおける間の取り方など、結構実践的なのがポイントです。

確かに床の間、茶の間などの空間表現や束の間、あっという間などの時間的表現など、日本人ほど間を大切にする人種はないかもしれませんね。

たけしの書き方が笑えるので、ものの数時間で読み終わってしまいました。たまにはこういう本も面白いですね。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

スポーツと整形外科

2012.12.16(21:31) 512

昨日に引き続き健康スポーツ医講習会に来ています。

昨日も書きましたが、やはり興味深いのはスポーツと関連する整形外科疾患についてです。

特に講義される先生方はオリンピックに帯動されるほどの高名な方ばかりで、私たちもよく知っている有名なアスリートの人達の診察、手術をされたりしており、面白いものでした。

特に役立ったのは、外傷、脱臼、骨折時の診断と治療法ですね。これまで診断できても痛み止め、安静、コルセット、物理療法くらいしか処方できず歯痒かったのですが、これからは整復や固定法などもこれに加えることが出来そうです。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

健康スポーツ医学講習会

2012.12.15(19:35) 511

今日は表題の講習会に参加のため、診察を茉里医師にお願いし、東京に出張中です。

11月にもこの講習会があり、今回はその後期にあたります。

内科的なこともさることながら、メインはやはり整形外科の内容になります。

当医院でも多くの患者さんが整形外科疾患にてリハビリをしておりますが、少しでもお役に立てるよう、勉強したいと思っています。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

年末年始の薬

2012.12.14(23:08) 510

もう早いもので、12月も半分を過ぎようとしています。この時期よく言われるのは、年末年始の薬のことです。

当医院は12月30日から1月4日までが冬休みとなりますが、定期薬がちょうどその時期に重なる場合は、1週間前後にずらして処方を増減して対応することになります。

但しこの時期帰省や旅行などで中々医院に来れないという方もおり、事情によってはいつもより多めに薬を処方することもできます。

しかし、薬には14日、30日処方など決められている以上に出せないものが存在します。新薬や睡眠薬、精神安定剤、医療用麻薬などです。

以前はこの時期に限り少し数を増やして処方することもできましたが、今年より規制が厳しくなり、決められた日数分までしか処方できなくなってしまいました。

ですので、特に14日処方までの薬を飲んでいる方は、うまく時間を見て年末年始に外来に来て頂ける様お願いします。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

カレー忘年会

2012.12.13(23:34) 509

昨日の忘年会に続き、今日は以前勤務していた国立大阪南医療センターのカレー同好会有志の皆さんと、りんくうにある馴染みのインド料理屋さんで忘年会を行いました。

同病院の放射線技師にキレンジャーも真っ青のカレー好きがおりまして、その方が中心となり私の先輩の医師お二人と行ってきた訳です。

今回はあいにく皆さんの都合が合わず少数の参加となりましたが、相変わらずの昔話や近況報告などで楽しい時間を過ごしました。

しかし料理は抜群に美味しいのですが、とんでもないスピードと量でサイドメニューが出てくるので、カレーとナンに辿り着いた時には既に腹八分目の状態でした。ほとんど体育会系の食い練の様相です。

おかげで帰りの道中は胃もたれで大変でした。しかし皆さん変わらず元気そうで、何よりです。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

忘年会

2012.12.12(23:32) 508

今日はホテルニューオータニにて私たち医療法人晃和会の忘年会がありました。

来賓の方にも多数御臨席頂き、今年は北田医院開設60周年ということで、聡子先生、そしていつも支えて頂いている株式会社北田の会長で私の祖父である悦三に対して花束贈呈のセレモニーや、長期に渡って法人を支えて下さった、大事な功労者の皆様への感謝状贈呈もあったりして、前半は厳かに会が進行しました。

後半は例年にもまして豪華商品がそろった恒例のくじ引き大会があり、大いに会場が盛り上がりました。お忙しい所を景品を物色、買いに行って下さった方々、本当にありがとうございます。

ある来賓の方が、本当にアットホームな雰囲気で羨ましいです、といって下さいました。確かにこれだけ大勢の老若男女の方々が一同に集まり盛り上がれるのは、なかなかないかもしれません。本当に有難いことです。

福利厚生委員の皆さま、お疲れさまでした。素晴らしい会をどうもありがとう!

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

手作り

2012.12.11(21:39) 507

患者さんの中には、家にいても退屈だからと、手編みでマフラーや靴下を作ったり、小物を作ったりしている方もいます。主に女性の方が多いですが、男性の方でも機械式時計の修理をされている方など、本当にその器用さには驚かされます。

便利な世の中ではありますが、手作りのよさは絶対に色あせる事はありません。そして昔の方々は手先が大変器用であったのだなと思います。私はPCでのワープロやスライド作り、DIYなど出来あえのものから何か作ることはできますが、一から物を産み出すことはできません。

と思えば患者さんの部屋の壁には当院の訪問看護師さんらが作った誕生日カードがかけられていました。写真入りで、装飾もきれいで大変華やかです。患者さんも大変喜んでおられました。

やはり手作りに勝るものは無いですね。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

寒波

2012.12.10(23:22) 506

昨日からとんでもなく寒い日が続いていますね。

胃腸炎の患者さんが少し減り、代わりに風邪症状の患者さんが増えてきた印象です。

やはり大事なのは手洗い、うがいです。これだけ空気が乾燥してくると、ウイルスブロックと喉の加湿のために、マスクも重要ですね。

かくいう私も少し喉を悪くしてしまいました。 うがいとマスクをして、早く治さなければ、、。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

不在者投票

2012.12.09(23:43) 505

今日は不在者投票に区役所に行ってきました。来週は週末が出張で大阪にいないためです。

今回の衆議院選挙は非常に注目されていますが、やはり投票に行かなければ自分の意志を示したことにならず、政治に目を背けることになります。

政治好きの私としては、今回の選挙の結果は大変気になるところであります。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

クリスマスパーティー

2012.12.08(23:43) 504

今日は私の住んでいるマンションの管理組合主催のクリスマスパーティーがあったので行ってきました。

住民同士の交流を深まるためのもので、バイオリン、サックス、フラダンスの催しもあり、またサンタクロースやピエロも出たりして賑やかなものでした。

私の人見知りの性格のためか、今年も住民に友人はできませんでしたが、まあ仕方がないです。


Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

風邪

2012.12.07(23:06) 503

私たちにとって、今世間で何が流行っているかを調べることは重要です。

最近は感染性胃腸炎が少し減り、風邪の患者さんが増えています。

風邪といえばインフルエンザですが、もういくつか確認されており、これから爆発的に増えると思います。

咳エチケットと手洗い、うがいは重要なので、徹底をお願いします。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

抗凝固療法の会

2012.12.06(22:45) 502

今日は診察終了後、上記の会合に参加してきました。

心房細動という不整脈の最大の合併症に脳梗塞があり、その予防のためにいくつかの血をサラサラにする薬があります。

現在日本ではワーファリン、プラザキサ、イグザレルトという3種類の薬があるのですが、それぞれ特徴がはっきりしており、適切にその長所、短所を見極めて使用する必要があります。

特に最後の是恒先生のお話は非常に理論的かつ実践的で、明日からの臨床にすぐ役立てられそうな内容で、非常に勉強になりました。

このタイプの脳梗塞は、例えリスクの大小に関わらず予後が悪くなりやすいため、とにかく予防が大切です。

前触れがないため、患者さんになかなか理解が得られないことがありますが、時間をかけてでも治療が必要な患者さんには入念に説明していきたいと思います。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

パンフレット

2012.12.05(23:55) 501

最近はインターネットなどで病気のことを気軽に調べることができるようになりましたが、やはりインターネットでは医療者が監修をしている訳ではないので、信頼性は十分とはいきません。

私は病気の説明の時に、よくパンフレットなどの資材を使うようにしています。

例えばコレステロールが高いのがなぜ恐い、と聞かれたとき、私たちはその理由を理解していますが、ただ心筋梗塞や脳卒中を起こしやすくなると言われてもよくわかりませんよね。

このような時、絵や漫画があれば成る程こういうことか、と理解して頂きやすいですし、食べ物や運動、薬についてもわかりやすいと思うわけです。

基本的にはパンフレットはお持ち帰りして頂きます。何回も目を通すことができますし、家族の方にも見て頂きたいからです。

耳からだけより、目からの情報のもあった方が何倍も頭に入ってきますよね。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

ついに、、

2012.12.04(23:11) 500

当医院でも、ついにインフルエンザの患者さんが出てしまいました。小児の方です。

今も風邪の患者さんが非常に多く真っ盛りといった様相ですが、インフルエンザといえば未だワクチンが話題の中心でした。

いよいよ放出界隈でも危険水域かもしれません。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

風邪と胃腸炎

2012.12.03(23:48) 499

今日は表題の患者さんがたくさん来られました。

いずれも冬になると流行することは皆さんご存知だと思いますが、特に先週末より爆発的に増加している気がします。

結局治療方法より大事なのは、いかに人にうつさないかだと思います。

ずばりマスク着用などによる咳エチケットとうがい、手洗いにつきます。最近は手洗いの仕方について、わかりやすい資材が手に入ったので、希望される方に配布しています。

人にうつさないように努力することは、結局自分の病気を早く治すことに直結します。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

坐薬

2012.12.02(12:53) 498

今日は痛みのコントロールについて往診に行ってきました。

薬が飲めない方は坐薬による鎮痛を図ることが多いですが、冷蔵保存のため私自身も持ち合わせていないことが多く、何とか医院のストックで処方してあげることができました。

週末は処方箋薬局が閉まることが多く、今回のように鎮痛や解熱が必要となり得る患者さんには、予め処方させてもらうのがいいかもしれません。

Dr.kitadaのふれあい広場


2012年12月
  1. 大晦日(12/31)
  2. 師走(12/30)
  3. 仕事納め(12/29)
  4. 書類作成(12/28)
  5. 専門外の疾患(12/27)
  6. 忘年会(12/26)
  7. クリスマスパーティー(12/25)
  8. ノロウイルス(12/24)
  9. インフルエンザ流行宣言(12/23)
  10. アイミクス発売記念講習会(12/22)
  11. 土曜日の専門外来(12/21)
  12. エンドレス外来(12/20)
  13. ラジブログ(12/19)
  14. 感染性胃腸炎(12/18)
  15. 間抜けの構造(12/17)
  16. スポーツと整形外科(12/16)
  17. 健康スポーツ医学講習会(12/15)
  18. 年末年始の薬(12/14)
  19. カレー忘年会(12/13)
  20. 忘年会(12/12)
  21. 手作り(12/11)
  22. 寒波(12/10)
  23. 不在者投票(12/09)
  24. クリスマスパーティー(12/08)
  25. 風邪(12/07)
  26. 抗凝固療法の会(12/06)
  27. パンフレット(12/05)
  28. ついに、、(12/04)
  29. 風邪と胃腸炎(12/03)
  30. 坐薬(12/02)
次のページ
次のページ