FC2ブログ

タイトル画像

紹介状

2013.03.31(23:52) 617

今日は外来患者さんからの連絡があり、救急受診が必要と判断、ある病院に連絡をとり、救急で見て頂くことができました。

こういう時に患者さんの詳細な情報を、病院の先生は求めます。それは当然なので、すぐに医院に行ってカルテを引っ張り出して、紹介状を作成、FAXで送信させて頂きました。

その後、わざわざ病院の先生とご家族から、休日にも関わらずと、お礼の連絡を頂きました。私からすれば自分が責任を持って診ている患者さんのことですから、緊急で診て頂く以上当然のことと思っています。

とにかく、大事に至らずに帰って来られることを願っています。
スポンサーサイト




Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

風疹

2013.03.30(23:16) 616

風疹が流行しています。東京が特に凄いようですが、大阪でも例年よりも多いようです。

そして20から30歳台の女性で、よく風疹にかかったことがあるかどうかを調べにくる人が増えています。

理由は妊娠初期に風疹を発症することで、先天性風疹症候群という、流産や胎児の先天性奇形のリスクとなる合併症を起こすことがあるからです。

風疹に対する免疫があるかどうかは血液検査で、抗体価を調べれば1週間もあればわかります。

難しいのは、風疹にかかったり予防接種をした既往があっても、人によっては経年的に抗体価が低下し免疫力がなくなってしまうことがあるからです。

従って確実なのはやはり血液検査ということになります。

自費検査(数千円かかります)のため万人にお勧めせるものではありません。しかし、先に書いたみたいに挙児希望で不安な方は、一度御検討頂ければと思います。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

2013.03.29(23:14) 615

桜がきれいに咲いていますね。

通勤時や往診時に公園や学校の前を通るたびに思います。中には公園でシートをしいてお母さん同士(ママ友というのでしょうか)がお弁当を作り、子供たちが園具で遊んでいるという微笑ましい姿も見られました。

患者さんでも冬は寒さやインフルエンザを理由に外出を控える人が多かったですが、満開の桜を見ると心が奮い起つのか、まだ肌寒いですが散歩に出掛けておられます。

でもこのペースだと、入学式の時にはもう花びらが残ってないようになるかもしれませんね。

4月になりもう少し暖かくなるまで、咲き誇っていてほしいものです。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

男祭り

2013.03.28(23:50) 614

今日は晃和会の従業員数人と焼き肉を食べに行きました。

共通点は、男ということです。ちょうど自分と年齢が比較的近い人たちを呼びました。

私自身が男だけで御飯を食べたり遊びに行ったりというのが好きなのと、女社会である私たちの職場において、男性職員の話を聞きたいと思ったのが主催の理由です。

年齢が近いからか、共通の話題で盛り上がったり、ちょっぴり仕事の話をしたりしました。まあその大半は高校生のようなくだらない会話です。でもそういう話だからいいのです。

一応断っておきます。私はホモではありませんよ。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

ラジブログ

2013.03.27(23:00) 613

今日はラジブログの4月分の収録がありました。

久しぶりのゲストなしの中村さんと理事長と3人での収録でしたが、なんか原点回帰のようで新鮮でした。

楽しく和気あいあいと、きっちり4週分一発録りで収録出来ました。

私のコーナーは、今何かと話題の風疹と、高血圧のお話です。

皆さん是非毎週日曜朝8時45分、ラジオ大阪のラジブログ、聴いて下さい。少しはためになるかもしれませんよ。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

原稿

2013.03.26(22:21) 612

明日がラジブログの収録なので、簡単な原稿作りをしています。

毎週と言えど持ち時間が3分程度ですので、出来るだけリスナーの皆さんの耳に残るように話すことを心掛けています。

司会の中村さんが上手なので、正直アドリブだけでもある程度は形になると思います。

しかしこうやって準備をすることで、私の頭も整理出来ますし、ラジオのモードに切り替えることが出来ます。

そういえば私は小さい頃から何事にも形から入るタイプでしたね。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

感染性胃腸炎

2013.03.25(23:04) 611

最近はほとんどいなくなりましたが、やはりたまに下痢嘔吐で来院され、感染性胃腸炎であった方がいらっしゃいます。

流行はしていません。だからといって絶対にかからない訳ではありませんよね。そこに感染症の難しさがあります。

そういえば昨年の夏に、B型インフルエンザと診断した患者さんがいました。この季節、後にも先にもこの方だけでした。

感染症は動向が非常に大事ですが、病気を否定する理由にはなりません。いつでもあらゆる病気を疑ってかかる気持ちが大切ですね。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

公園

2013.03.24(23:55) 609

今日は久しぶりにまとまった時間がとれたので、家族で某緑地公園に行ってきました。

正直何か目的があって大きい公園に来ることは、子どもの頃以来でしょうか。天気も良く家族連れも多かったですが、何よりその広大な芝生に息子も上機嫌でした。私も滑り台で童心にかえり遊びましたが、いい年こいた大人が滑り台ではしゃぐ姿は異様そのものです。周りのお子さんに大迷惑ですね。

子どもを遊ばせるのが目的したが、最近運動不足が続いていたので、私自身もちょうどよかったです。

帰りに南堀江にあるRという店で久しぶりにジーンズを購入し、久しぶりに休日を満喫しました。

適度な運動は明日への活力と信じ、また明日からの診療に臨みたいと思います。



Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

往診

2013.03.23(23:01) 610

今日は診察終了後、2件の往診がありました。

皆さん普段あまり呼ばれない、安定していた患者さんばかりでしたが、やはり何か起こるときは起こるもの。油断してはならないと思いました。

特に週末はそうです。病気になるのに曜日は関係ありませんからね。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

最近のインフル

2013.03.22(23:02) 608

インフルエンザもだいぶ見なくなってきました。

風邪症状があってもほとんどの患者さんが検査で陰性で、こうなると段々違うと思うけど、一応やっておきます、と言った説明になってきます。

しかしそう鷹をくくっていると、今日は夜診でお子さんのインフルエンザを診断してしまいました。

最近はめっきり花粉や大気汚染、黄砂がトピックになっていますが、インフルエンザウイルスがまだまだ忘れてもらっては困る、と言っているような気がします。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

睡眠障害

2013.03.21(23:45) 607

今日は表題をテーマにした会に行って来ました。

滋賀医大睡眠学講座の宮崎先生の講演が大変面白く、眼から鱗の内容でした。睡眠がここまで理論的に説明できるとは、知りませんでした。

私自身は不眠とは無縁ですが、当医院の患者さんにも数多くの睡眠障害を訴える方が多くおられます。これからは少しは不眠で悩んでいる方へ、うまくアドバイスが出来るのではないかと思います。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

三月場所

2013.03.20(23:19) 606

今日は毎年恒例の大相撲観戦に行って来ました。

いつも力士の大きさや会場の空気に圧倒されるのですが、今日も祝日のおかげか満員御礼の幕が出ており、地元力士が出てきた時など凄い歓声が響いておりました。

昨年は貴乃花親方と写真を撮ることが出来たのですが、残念ながら今年は会うことが出来ませんでした。

相撲は伝統行事でもあるため変わらないことも大事だと思いますが、それだけでは若い人の人気は得られないのではと思います。私が小さい頃は、千代の富士の全盛期や若貴フィーバーがありましたので、その人気は今の比ではありませんでした。人気力士の台頭が望ましいのですが、それが難しい今は、やはり巡業自体を何か変化のあるものに出来ればいいなと、素人ながらに考えてしまいました。

タイガースと同じで、好きになればなるほど内面的なことも考えてしまいますね。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

2013.03.19(23:40) 605

今日は暖かく過ごしやすい1日でしたね。

訪問診療中も車の中よりも外の方が涼しく過ごしやすいくらいで、いつもの北田医院スタッフジャンパーを羽織っていると汗だくになりました。

これが続けばいいのですが、どうやらまた寒くなる日があるとのこと。春らしい陽気は気まぐれです。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

一休み

2013.03.18(21:14) 604

今日の夜診は大雨のせいでしょうか、ほとんど患者さんも来られず、久しぶりに診察時間内に溜まっていた書類を書き上げていきました。

どこの世界でもそうだと思いますが、自転車は止まると転けてしまうのと同じで、書類などは常に処理していかないと、溜まる一方になります。

今日はなんだか身軽になった気がします。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

お礼の言葉

2013.03.17(23:09) 603

私は在宅診療をしているため、患者さんの看取りを何回も経験します。

その後、時にご家族から感謝の言葉を頂くことがあります。家で最期を見届けることができて良かったと言われます。

これは本当に嬉しい気持ちになります。最近終の棲家という言葉がありますが、どんな病気をしても、どれだけ体力が弱っても、自宅で最期の時を迎えられることが、どれだけ素晴らしいことかと思います。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

アレルギーの点眼薬

2013.03.16(22:39) 602

花粉症真っ盛りで、結膜炎で眼が痒くて仕方がないという患者さんも多く来られます。

各言う私も目にくるので、某メーカーの点眼薬を使用しておりますが、正直すっきり、とまではいきません。

目がショボショボすると何となく集中力に欠けたり、女性だと化粧が出来なかったりと色んな意味で生活に支障をきたします。

従業員と、結局市販の眼の洗浄液で瞼をパチパチさせながら洗うのが一番効果がある、と笑いながら話していました。

私も患者の立場として、効果的な点眼薬が出来ることを切に願います。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

Aの次は

2013.03.15(23:47) 601

インフルエンザの患者さんはだいぶ減りましたが、例年通り3月に入りB型インフルエンザの数が増えています。

症状は同じですが、抗インフルエンザ薬の効果がA型ほど期待できないと言われており、A型以上に注意して経過を見る必要があります。

最近は特に寒暖差が激しく、体調を崩しやすいことは間違いありません。

皆さんもインフルエンザのピークが過ぎたと油断しないようにして下さい。B型はこれからですよ。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

大掃除

2013.03.14(23:59) 600

今日は大阪医療センターで、引っ越し第二弾です。

私たちの仕事は絶対に外部には漏らしてはいけない、個人情報の宝庫なので、ひたすらシュレッダーに書類を持っては運びで一気に片付けてしまいました。

しかし机の上の7割位はゴミ箱行きになってしまいました。よく一年以上眼を通していないものは必要の無いものである、という片付けの教えのようなものがありますが、私もとことん捨てることに躊躇しない方なので、他の人以上に破棄してしまったのかもしれません。

さすがに今週末開催の私の所属する日本循環器学会総会の抄録を捨てるのは、ほんまにそれでいいんかい、と躊躇しましたけどね。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

大阪市東部認知症セミナー

2013.03.13(23:03) 599

今日は済生会野江病院主催の表題の会に行って来ました。

今回のポイントは糖尿病で、糖尿病と認知症の関連について勉強させてもらいました。

いつもながらに同院には先生方を初め地域連携の皆さんにも丁寧に御対応頂き、本当にお世話になっております。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

花粉症

2013.03.12(22:58) 598

今週初めから花粉症で薬を希望する患者さんが凄い勢いで増えています。

私は基本は抗ヒスタミン薬というアレルギーの基本となる内服薬を軸にして、症状や希望に合わせて内服薬の追加や点鼻薬、点眼薬を併用します。

前も書きましたが、花粉症の治療に正解はありません。言うならば、副作用を出来るだけ出さずにどれだけ症状を抑制できるかで決まります。患者さんによって効果がバラバラであり、一番対効果がいいものが正解と言えます。

花粉症でお困りの方は、受診して頂ければ問診の上、オーダーメイドで治療を提案させて頂きます。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

3.11

2013.03.11(23:13) 597

今日であの東日本大震災から2年経つのですね。

地震の時、私は揺れに気付かず従業員がテレビに釘付けになっているのを見て知りました。

あれからもう2年、、。私も医療に携わる者として、人の生命について深く考えさせられた出来事でした。

決して忘れるわけにはいきません。何も解決してはいませんから。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

在宅緩和ケア地域連携研修会

2013.03.10(17:28) 596

今日は表題の会に行って来ました。

成人病センター主催の会ですが、在宅での疼痛管理、輸液のエビデンス、地域連携の実状とこれからについて、各演者の方が丁寧に講義して下さいました。

最後のパネルディスカッションでは、私たちも常日頃から疑問に思っていたことや病院の先生に聞きたいと思っていたことを話して下さり、興味深く最後まで聞くことができました。

また、以前勤務していた病院のソーシャルワーカーの方とも久しぶりにお会いすることができ、これも大きな収穫でした。

緩和ケアは考えれば考えるほど深みにはまっていく難しさがありますが、一元化されたものではないからこそ、個々の患者さんに合わせたオーダーメイドなケアが必要なのだと思います。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

引っ越し

2013.03.09(23:45) 595

新しく大阪医療センターの循環器の先生が複数赴任するとのことで、私の医局内のデスクが移動となるため、今日はその掃除と整理に行って来ました。

とにかくこれでもかと要らない書物や書類があるため、段ボールがいくつあっても足りません。泣きそうになりながら片付けをしました。

後数回は通わなければなりません。長年溜め込んだ垢はそう簡単には落ちないようです。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

熱闘

2013.03.08(23:47) 594

今日は患者さんに野球あるから早く診てや、と言われて仕事が終わって夜の11時にネットを見ると、野球の一球速報をやっていてびっくりしました。まだやってるんやと。

帰りにラジオでゲームセットを聞きましたが、凄いゲームやったみたいですね。

正直前2回と比べて盛り上がりにかけると思っていましたが、この一戦でボルテージが上がりそうですね。

久しぶりにスポーツで感動した気がします。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

なにわNST研究会

2013.03.07(22:39) 593

今日は表題の会に行って来ました。

一見すると何やってる会や、と言われそうな名前ですが、要するに癌の末期の患者さんの栄養や点滴をどうするかを考える会です。

終末期の患者さんの栄養は本当に難しいです。点滴をするにしても、本当にそれが有効かどうかは、やるべきかどうか、いつも迷うときがあります。

この問題に絶対的な答えはありませんが、今日の講演は非常に参考になりました。

しかし今日は暖かい1日でしたね。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

事例検討会

2013.03.06(23:44) 592

今日はある患者さんの事例検討会として、理事長を中心に包括支援センターの平山さん、ケアマネージャー、看護師、ヘルパーと業種を越えて皆で集まり話し合いました。

結果から言うと非常に良かったと思います。私も見えていないところがありましたし、私が考え付かなかったアイデアも飛び出して、なるほど職種間を越えて情報共有することがいかに大切かを思い知りました。

自宅での介護は、患者さんにとっても介護者にとっても有意義なものであってほしいですからね。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

風疹

2013.03.05(23:55) 591

今日は風疹の予防接種を希望し若い女性が来院されました。

ご存知の通り風疹は年々増加しており、特に妊婦が罹患すると赤ちゃんに障害が出る可能性が高くなります。

ですので、小さいときに予防接種を受けていなかったり風疹にかかったことがないときは、予防接種をして抗体を作っておいた方がよいと思います。

風疹は決して子供だけの病気ではありません。逆に大人になってならないよう、注意したいものです。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

花粉症の薬

2013.03.04(23:23) 590

従業員でも花粉症で鼻がぐずぐずしてきた人が出てきています。

今日も花粉症の薬希望の方が受診されましたが、花粉症の薬にはある鉄則があります。

それは、患者にとって一番効く薬が一番良い薬だということです。

何を言ってるんやと言われるかもしれませんが、例えば前年に使用した薬が良かったのなら、それが一番だということです。私も花粉症なのである薬を使用していますが、他の人では全然効かなかったり副作用がでることがありました。

また、新規で薬希望の方は、当然症状に応じていくつかの薬を提案させて頂きます。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

WBC

2013.03.03(23:16) 589

正直開催まではあまり興味がなかったのですが、始まればやはり気になってしまいますね、WBC。

テレビでは観戦できませんが、外出先でもついつい携帯で試合経過を見てしまいます。

そういえば前回大会の決勝戦、私がまだ勤務医でちょうど心臓カテーテル検査の最中で、終わって速報を聞いて、同僚とイチロー凄い!と興奮したのを覚えています。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

特定健診

2013.03.02(23:57) 588

今日のニュースで特定健診、いわゆるメタボ健診の実施率が45%と半分以外であることがわかりました。

これは残念なニュースです。大きな病気になる前に予防する、いわゆる一時予防が大事なのに、意識が低い方が多いと思います。

中にはかかりつけ医で定期的に血液検査している方もいてそういう方は別ですが、やはり血圧や糖尿、コレステロールなどはしっかりとコントロールしなければ大病につながります。

北田医院でも毎火曜日が特定健診の受付をする日です。是非医療機関にかかったことがない方、受診をお薦めします。

Dr.kitadaのふれあい広場


2013年03月
  1. 紹介状(03/31)
  2. 風疹(03/30)
  3. (03/29)
  4. 男祭り(03/28)
  5. ラジブログ(03/27)
  6. 原稿(03/26)
  7. 感染性胃腸炎(03/25)
  8. 公園(03/24)
  9. 往診(03/23)
  10. 最近のインフル(03/22)
  11. 睡眠障害(03/21)
  12. 三月場所(03/20)
  13. (03/19)
  14. 一休み(03/18)
  15. お礼の言葉(03/17)
  16. アレルギーの点眼薬(03/16)
  17. Aの次は(03/15)
  18. 大掃除(03/14)
  19. 大阪市東部認知症セミナー(03/13)
  20. 花粉症(03/12)
  21. 3.11(03/11)
  22. 在宅緩和ケア地域連携研修会(03/10)
  23. 引っ越し(03/09)
  24. 熱闘(03/08)
  25. なにわNST研究会(03/07)
  26. 事例検討会(03/06)
  27. 風疹(03/05)
  28. 花粉症の薬(03/04)
  29. WBC(03/03)
  30. 特定健診(03/02)
次のページ
次のページ