FC2ブログ

タイトル画像

中日

2013.04.30(23:22) 648

今日はGWの中日と思いのんびり構えていたら、予想以上の患者さんがお見えになりました。

定期外来の患者さん以外で多かったのは、風邪の患者さんです。

確かに前半気温も高く過ごしやすかったのが突然冷え込むようになり、皆さん体調を崩されたみたいです。また、連休前にグズってたのが悪化して、という患者さんもおられました。

GWの後半までに、皆さん治るといいですね。
スポンサーサイト




Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

点滴

2013.04.29(23:27) 647

最近点滴を専門にしたクリニックが増えています。

その人の体調に応じて、オーダーメイドでビタミン剤をはじめとする栄養を入れて、流すわけです。

正直こういう点滴の使い方は好きではありませんが、やはり点滴で元気になる、といった考え方の人は多いようです。

結論から言うと食べられないのなら有効ですし、しっかり食事がとれるのであれは、無意味です。

私がいつも実感するのは、高齢者の水分が全然とれない方で、フラフラになってきて点滴をすると、見違えるほど元気になることです。これはもう見事な程に。

若い人でも、例えば胃腸炎などで下痢や嘔吐が続いていれば、よく効きます。

当然点滴でいかなければいけない治療もあり、それは話は別ですが、なんでも点滴はどうかと思いますが、抜群の効き目がある人もいることも確かであり、私たちはそれをしっかり見極めなければなりません。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

行楽日和

2013.04.28(23:08) 646

今日は連休初日(人によっては2日目ですか)で、このお天気、皆さん遊びに出かけた方も多いのではないでしょうか。

私は日中は往診など仕事がありましたが、夜は時間ができたので、足を伸ばして話題のグランフロント大阪に行ってきました。

しかし凄いというか、とんでもない人の数でごった返していました。梅田は百貨店の売り場面積など、商圏的にも新宿を越えたようです。大阪人としては嬉しい気がしますが、東京とは人口が絶対的に違うので、パイの奪いあいになるのでは、ということが気掛かりではあります。

まあ人酔いする私にとっては、人が少ない方がありがたいのですが。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

ロタウイルスワクチン

2013.04.27(23:49) 645

生後2か月から接種できるロタウイルスの予防接種の問い合わせがいくつか来ています。

当医院で使用するのは計2回、経口で接種するものですが、意外と赤ちゃんはうまく吸ってくれます。甘くて量も少なく飲みやすくできていますからね。

もし失敗してすぐに吐き出してしまってもご安心を。1回までは、無償で再度接種させて頂きます。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

ゲリラ豪雨

2013.04.26(23:46) 644

今日の午後は久しぶりのゲリラ豪雨をみましたね。午後の往診が他所の訪問入浴とバッティングしている患者さんがいたのですが、この豪雨のせいでそちらの時間が遅れて、上手く回ることができました。

本当に一瞬とはいえ、外出されていた人はたまったものじゃなかったと思います。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

術前精査

2013.04.25(23:25) 643

今大阪医療センターで、私が心臓手術を奨め入院中の患者さんが数人います。

心臓の手術はバイパスであれ弁膜症であれ、それなりの理由と覚悟がいるものです。

そして、そのタイミングを判断するのが私達循環器内科医なのですが、本当にいつも迷います。

時期が遅れるとせっかく手術をしたのに効果が得られないということがおきますし、早すぎると患者さんにとっての旨味がなくなってしまいます。

今日入院している患者さんは、皆私が手術やむ無し、と考えた方ばかりです。

早く爆弾を処理して、帰ってきてほしいものですね。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

血圧脈波

2013.04.24(23:44) 642

表題のいわゆる動脈硬化の検査ですが、患者さんに好評です。

私はどちらかというと足の血管の詰まりがないかの方が感心があるのですが、やはり血管年齢を教えてくれるのと、実際にわかりやすいカラーの用紙で説明できるのが凄くいいみたいです。

ご興味のある患者さんは、いつでもお問い合わせ下さい。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

ノニ

2013.04.23(20:44) 641

ノニとは何ぞや、と思うかもしれませんが、これは最近健康食品やサプリメント、またはジュースとして出ている果物です。

身体によいものとして販売されていますが、これを摂取して肝臓の数値を悪化させたり、腎臓の悪い方で高カリウム血症になる方が非常に増えているようで、医師会からも通達がきました。

正直私もノニは知りませんでした。しかし健康のためと思って落とし穴にはまるのは辛いものです。

私達も勉強が必要ですが、こういった健康食品やサプリメントは注意が必要です。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

インフルエンザ

2013.04.22(23:33) 640

今日はお二人インフルエンザB型の患者さんを診察しました。

終息に向かっていると思っていたのですが、とある学校では学級閉鎖もあるみたいで、まだまだ油断は禁物です。

高熱を認める風邪症状の患者さんは、十分注意が必要ですね。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

移動手段

2013.04.21(23:04) 639

私は元々車好きなためか、基本的に移動手段は自家用車です。電車やバスもいいのですが、マナー的にも電波の問題でも携帯電話が使用しにくいので、抵抗があります。

但し、往診で便利なのは、間違いなく自転車です。狭い路地をすり抜けていくのは、車ではできません。そこで家にも健康のためと思って購入したロードバイクがあるのですが、埃を被ってえらいことになっています。

結局車を使うための言い訳になっています。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

ロタワクチン

2013.04.20(23:58) 638

本日より当院でもロタウイルスのワクチン接種を開始しました。

ロタウイルスとは乳幼児の下痢を起こす感染症の代表であり、よくその性状をして米の磨ぎ汁様、と言われます。

基本的には幼稚園児になるくらいまでにほとんどのお子さんが感染しますが、特に乳児の時に感染するとひどい下痢のせいで脱水になり、命に関わることもあります。

ですので、2か月目のお子さんから接種できるので、しっかり予防に役立ててもらえればと思います。

詳しくは、当院までご連絡頂くか、HPにupしますので、ご確認下さい。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

書評

2013.04.19(23:05) 637

例のベストセラーの本、途中まで読みました。

その時点での感想ですが、少し書き方が乱暴かな、と思います。正しいことも多いのですが、すべて一般論として書いてしまっているので、これでは読者が勘違いしてしまいます。

例えば、血圧を下げなくていい、またコレステロールを下げなくていい、という話、色々突っ込む所はありますが、そもそも何の病気もない人と心臓や腎臓が悪い人が同じ条件で良いわけありません。これらの人が薬を飲むのは、それなりの理由があるからです。

読みやすいし、風邪薬や癌に対する考え方はなかなか良い所を突いてると思っています。本当に凄く勉強されている先生だと思います。

しかし人は治療しなくていい、薬を飲まなくてもいい、と言われるとどうしてもそれを信じます。この本がベストセラーということは、本当に医療の必要な方が、自己判断で診療を拒否されるようになるのでは、という気がしてなりません。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

大阪医療

2013.04.18(23:47) 636

今日は大阪医療センターで外来でした。

私の所属する循環器内科は、あらゆる科の中でも特に忙しい科の一つだと思いますが、その理由は緊急性と、カテーテル治療にあると思っています。

今日は比較的平和でかつ上司の出張でカテーテル検査や治療が無かったためか、医局員が非常に時間をもて余しているようでした。

まあ普段忙しいでしょうから、たまにはこういう日があってもいいかもしれませんね。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

ラジブログ

2013.04.17(23:42) 635

今日はラジブログ5月分の収録がありました。今回も理事長と私だけでゲストなしでしたが、スムーズに収録も進み、予定より早く終わることができました。

ちなみに私のお題は、血圧の薬、血をサラサラにする薬、ロコモについてです。

ロコモって?という方。ラジオを是非聴いてくださいね。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

暖かい午後

2013.04.16(23:34) 634

今日は暖かい日でしたね。往診していても、調子の良い患者さんがゆっくり編み物をしたり、コーヒーを飲んでいたりして、何とものどかな光景でした。

今は外来も在宅の患者さんも比較的落ち着いており、春の陽気を感じながら仕事が出来ています。

しかし、そう言っているとバタバタし出すのが北田医院。

嵐の前の静けさなのかもしれません。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

病院と医院

2013.04.15(22:19) 633

病院と我々クリニックの違いは何か?

一つは症状を楽にするということかなと思います。当然病院では、クリニックではできない検査や治療があるため、いささか乱暴な言い方だと思います。

しかし風邪症状や腹痛の患者さんがまずクリニックで期待することは、楽になりたいだと思う訳です。例えば熱を下げてくれ、咳を止めてくれ、などです。

たまに風邪が治っても咳だけが続いて困ったことはありませんか。当然肺炎などないかの確認はしますが、どうしてものときはステロイドを使用します。

喉や気管支の炎症が主体で咳がでるので、ステロイドにはその炎症を抑える作用があるので驚くほど咳がよくなります。しかし、究極の対症療法ともいえます。

色々と調べ、理由を考えるのも大事ですが、クリニックではそれ以上のスピード感を持って楽になってもらわなければなりません。

じっくり調べるのは病院の先生方にお願いすることになりますが、この辺りのバランスが病診連携の要と思っています。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

血圧が高いとき

2013.04.14(23:32) 632

よく血圧が高いとき、どうすればいいかと聞かれることがあります。

基本的には動悸や頭痛など、何か症状がなければ安静を指示するのみです。

決められた以上の血圧の薬を臨時で飲む必要もありません。

しばらく血圧を朝と寝る前で測定して、その結果を持参して頂き、必要があらばお薬を処方します。

血圧は水物です。本当に少しのことで変動します。神経質な方だとなおさらです。高いときに気になって測って、低くなろう訳がありません。

逆に朝晩測ってみると、意外と高くなかったという人も多いですよ。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

認知症の研修会

2013.04.13(23:22) 631

今日は午後より朝日生命ホールというところで医師会主催の認知症の研修会があり、行って来ました。

認知症の患者さんをたくさん診ている第一人者の先生方が、ケースレポートとして、具体的に症例提示と治療について話し、そしてそれを元にディスカッションするという、非常に実践的な内容でした。

認知症の治療は患者さんだけではなく、周囲の家族のケアもしなければいけない。非常に多面的で勉強になりました。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

風疹

2013.04.12(23:47) 629

今日は風疹疑いで診察していた患者さんに特有の発疹が出現し、確定診断に至りました。

感染力がある疾患のため、当然はっきりするまで自宅待機になるのですが、職場で疑いのまま休めるか、他の医療機関ならすぐに診断してもらえるやろ、とえらい言われようだったみたいです。

愚問もいいとこです。風疹をただの風邪と勘違いしているようなら目もあてられませんが、職場で流行したらどうするつもりでしょう。また、こういう特有の発疹が出る疾患は、ほぼ見た目で診断します。抗体検査はあくまで補助ですし、すぐに結果が出るところがあるかもしれませんが、それが確定診断の理由にはなりません。

気合いで会社に来てもらってつらい思いをするのは、何も患者さんだけではありませんよ。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

黄砂

2013.04.11(23:51) 628

昨日は黄砂の飛散が多いと聞いていましたが、今日も車のボンネットとガラスが砂だらけになっていました。

私も花粉症持ちのためわかりますが、この黄砂と花粉とPM2.5の合わせ技が風邪でもないのに咳が続く、といった患者さんを増やしているのだと思います。喘息のような症状がでている人もいます。

薬を使用するかはともかく、帰宅した時のうがいはしっかりやっておきたいですね。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

動脈硬化の検査

2013.04.10(13:30) 627

以前新しい心電図の機械を導入したと書きましたが、この機械の特徴が、動脈硬化の検査ができるということです。

具体的には血圧脈波といって、両手両足に血圧計を巻き心電図の電極とマイクをつけて、おおよそ4分程度で検査できます。

検査が終了すればそのまま結果の説明をすることができます。

高血圧、脂質異常症、高尿酸血症、喫煙者など、いわゆる生活習慣病をお持ちの方はお勧めです。特に糖尿病の方は、一度はしておいた方よいと思います。

興味のある方は、当院までお問い合わせください。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

のんびりと

2013.04.09(21:27) 626

最近、在宅診療で回る患者さんの数が減少しています。

理由は入院もしくはショートステイで入所されているか、残念ながら終末期でお亡くなりになった方がおられるからです。

病院からの紹介で在宅診療が始まるケースも多く、私自身の方針として依頼があれば断らないことにしているため、一時期は夜診に影響するほどの患者さんを診させてもらっていましたが、こればかりは病気や縁もありますから、仕方がないことです。色々な患者さんの経過や転帰をみて、改めて在宅は難しいものだと思います。

しかしセカセカしていない分、1件1件の患者さん宅でゆっくりお話しすることができるので、それはそれで楽しい時間を過ごせます。今日は先週までに桜を見に行くことができた、という話で盛り上がりました。爆弾低気圧の影響で、いまや葉桜ですものね。

たまにはのんびりした在宅診療もいいものです。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

風疹ワクチン

2013.04.08(23:37) 625

首都圏での風疹の大流行にあたり、風疹ワクチンが不足しています。

今日は以前から予約されていた方で、風疹の罹患歴がなく、挙児希望の若い女性が来院され接種しましたが、メーカーによると今後夏ごろまでは入荷困難とのことです。

DPTポリオの4種混合ワクチン不足のことといい、ワクチン不足についてもっとニュースになっていいと思うのですが、まったくと言っていいほど表沙汰になっていません。この辺り、厚生労働省とメーカーに裏があるのではないかと、かんぐってしまいます。

MRワクチンという、小児で使用する麻疹、風疹混合ワクチンを使用するという裏技もありますが、値段が2倍以上に高くなるのと、必要もない麻疹のワクチンを打つことになるというのがデメリットです。但し、風疹の抗体価を上げることは確実です。

まずは風疹の既往や抗体価の測定と思いますが、ご不明な点があれば当院までご連絡ください。私が対応します。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

携帯電話

2013.04.07(20:10) 624

以前患者さんに最近の携帯電話はわからん。私は電話とメールができればいい。と話される方がいて、私はどうしているか、と聞かれたことがあります。

結局は電話とメールがほとんどです。ただし、メールは仕事用とプライベート用で分けますし、スケジュール管理も携帯でしています。

便利なのはやはりWeb閲覧やアプリですね。少し仕事で調べたいときや、ニュースを見るときに助かります。後、このblogの管理も携帯です。

ゲームやSNSは一切やりません。元々ファミコン世代なので、指でなぞるようなゲームは興味すら湧きません。SNSはどちらかと言うと嫌いな方ですし。

ですので、私も本当はスマートフォンはいらないのかもしれませんね。

しかし、携帯電話に振り回されている若い人を見てると、利用していると言うより利用されている感がしてならないのですが。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

糖尿病

2013.04.06(23:13) 623

今日は糖尿病の病診連携の会に行って来ました。

途中往診に呼ばれたりで、前半一部しか参加できませんでしたが、城東区の池岡クリニックの池岡先生の運動と糖尿病についての講演が非常に面白かったです。運動そのものは決して疲れない程度のものでも、十分に糖尿病のコントロールに効果があり、それが高齢者だとなおさらなのだと実感しました。

当医院でもリハビリを充実させてますので、これからの診療に役立てられそうです。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

花粉症

2013.04.05(23:27) 622

ちょうど春の花粉症が過渡期に入っています。

春の代表的な花粉症の原因は、ご存知の通りスギとヒノキです。スギ花粉症は早ければ2月中旬から始まり、ヒノキ花粉症は3月中旬位から始まることが多いですが、スギは少しずつ終息に向かいます。従ってスギ花粉症だけの方は鼻炎や眼の痒みはマシになってきます。逆に今になって症状が出てきたり、ずっと症状が続いている方はヒノキ花粉症か、スギ、ヒノキ花粉症両方をもっていることになります。

通年性の花粉症や、アレルギーの原因は他にも山程ありますし、アレルギーの強さは様々ですが、一般的にはこれが一つの指標になります。

さて、皆さんはどうでしょうか。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

医者に殺されない47の心得

2013.04.04(19:47) 621

以前ここでも書いた本を買ってみました。

一見してものすごいインパクトのあるタイトルですね。帯を見ると、すでに31万部も売れているそうです。

これから時間を見て読もうと思います。しかし、タイトルだけみると、自分が悪人のように感じてしまうのは気のせいでしょうか(笑)

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

医療者と家族

2013.04.03(19:35) 620

今日往診した患者さんは、御家族の方がある職種の医療者として関わっておられます。

何かのドラマで、ある医師が、家族の手術はできないと思い悩むシーンを見たことがあります。家族を一人の患者としてみるのは、非常に難しいことです。

私たちは裏方として、出来る限り皆さんのサポートをしてあげられるように頑張ります。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

2013.04.02(19:31) 619

最近医療に関する本がベストセラーとなっていると患者さんから聞きました。

あまり一般人向けの医療関係の本は読まないのですが、少し興味深い内容なので、購入予定です。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

4月

2013.04.01(23:15) 618

いつの間にか4月になりました。3月はこれまでで一番暖かかったらしいですが、寒暖差があったせいか全くそんな気がしませんでしたね。

4月というと企業ではぎこちないスーツ姿の新入社員を見るのでしょうが、北田医院は相変わらずのメンツで特に変わりなく診療をしています。

変わるといえば、心電図の機械がもうすぐ新しくなります。色々な機能がついていて、私が一目惚れして購入してしまった一品です。

また後日、この場でじっくりと説明させてもらいます。

Dr.kitadaのふれあい広場


2013年04月
  1. 中日(04/30)
  2. 点滴(04/29)
  3. 行楽日和(04/28)
  4. ロタウイルスワクチン(04/27)
  5. ゲリラ豪雨(04/26)
  6. 術前精査(04/25)
  7. 血圧脈波(04/24)
  8. ノニ(04/23)
  9. インフルエンザ(04/22)
  10. 移動手段(04/21)
  11. ロタワクチン(04/20)
  12. 書評(04/19)
  13. 大阪医療(04/18)
  14. ラジブログ(04/17)
  15. 暖かい午後(04/16)
  16. 病院と医院(04/15)
  17. 血圧が高いとき(04/14)
  18. 認知症の研修会(04/13)
  19. 風疹(04/12)
  20. 黄砂(04/11)
  21. 動脈硬化の検査(04/10)
  22. のんびりと(04/09)
  23. 風疹ワクチン(04/08)
  24. 携帯電話(04/07)
  25. 糖尿病(04/06)
  26. 花粉症(04/05)
  27. 医者に殺されない47の心得(04/04)
  28. 医療者と家族(04/03)
  29. (04/02)
  30. 4月(04/01)