FC2ブログ

タイトル画像

2013.05.31(23:59) 679

私は往診に出掛けるとき、水分補給のためにミネラルウォーターを持参するようにしています。

その理由は、水だと手を洗ったり汚れをとったりと、飲む以外に使い勝手があるからです。

往診車の中には速乾式の消毒剤はありますが、やはり手洗いが基本です。

最近は安くて量の多いミネラルウォーターもあるので、ありがたいです。

この暑さでどんどんぬるくなっていくのがたまに傷ですが。
スポンサーサイト




Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

北野動脈硬化セミナー

2013.05.30(23:50) 678

今日は夜に表題の会に行って来ました。

動脈硬化とは高血圧、糖尿病、脂質異常症など、様々な要素が絡んでくる非常につかみどころのない病態ですが、各専門の先生方が最新の知見についてわかりやすく説明して頂き、参考になりました。

最近はまた色々な研究会に顔を出すことが増えています。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

風疹ワクチンの助成

2013.05.29(22:06) 677

風疹ワクチンの助成が大阪市でもおりるようです。

昨今の風疹の大流行で、風疹ワクチンが枯渇していることは有名です。そのため苦肉の策として、費用が上がりますが小児に使用する麻疹風疹混合ワクチン、通称MRワクチンを使用することがありました。

どうやらそのMRワクチンにも助成がおりるようで、多分自己負担は2000円程度になりそうです。

HPにもこの記事がわかるようにしておきます。注意点は後で還付されるシステムなので、接種したレシートが必要なことと、一定の収入以上の方は助成適応外であることです。

これは妊娠を考えている女性には、吉報ですね!

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

インフルエンザ

2013.05.28(21:55) 676

今日久しぶりにインフルエンザの患者さんを診ました。

この時期なので、一応渡航歴を聞きましたが国内にいるということ、特に鳥の飼育歴がないことから、鳥インフルエンザの可能性はないと判断、通常通りインフルエンザの薬を出して帰宅してもらいました。

今後局地的に流行しないことを祈るばかりです。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

乳幼児の風邪

2013.05.27(22:27) 675

ここ数日乳幼児の風邪が増えています。特に保育園や幼稚園に行っている子は、どうしても子どもたち同士で回しあいっこするので長くなったり、ぶり返しやすくなったりします。

インフルエンザや風疹、水疱瘡などの病気なら厳密な自宅安静の決まりがありますが、このような風邪症状の場合ケースバイケースになるため、私も非常に判断が難しくなります。

私は高熱かでていたりひどい咳が続いている子は休むようにいいます。それは感染力が高くうつしやすいということと、自身が重症化しやすいという点があるからです。

今は共働きや母親が生計を担っていることも多く、できることなら預けたいという気持ちもわかります。

しかし、残念ながら症状を長引かせて肺炎になってしまったお子さんをいます。

解決策のない問題ですが、私もしっかり意見を言えるようにしたいと思います。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

書類作成

2013.05.26(23:10) 674

今日は日曜日ですが往診にいく用事があり、医院に寄って少しの間書類作成を行っていました。

以前にも書きましたが、私たちの仕事は診療にかける時間に匹敵するくらい、こういった書類作成に時間を費やします。

もう少し簡略化してもいいのに、と思うこともありますが、おそらく今後も減る方向にはいかないでしょう。

せめて紙媒体の書類はいい加減PCで入力できるよう、考えて頂きたいものです。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

鶴見区医師会定期総会

2013.05.25(21:49) 673

今日は午後より表題の会があり、そのあと市内某ホテルにて懇親会が開催され、行って来ました。

米田会長によると、鶴見区は大阪市内で最も医師の数が少ないらしいです。

確かに市内の他の地域に比べると面積の割りに病院の数も少ない気がします。

ということは、区民の健康を支える医師の役割は他の地区のそれよりも多いといえます。これからもその自覚を大切に診療しなければいけません。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

膀胱炎

2013.05.24(23:41) 672

ある患者さんに膀胱炎の診断でいつも使うと抗生剤を処方したところ、あまり症状が改善しないとのこと。

培養検査をしてみると、なんと使用している抗生剤が効かないことがわかり、慌てて感受性のある抗生剤に変更してよくなりました。

どんな医師も膀胱炎といえば使用する抗生剤を1つや2つ持っていると思いますが、やはり感染症ゆえ、反応が悪ければこのような培養検査が必要であると感じました。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

野江よろず相談所セミナー

2013.05.23(23:28) 671

今日は済生会野江病院循環器内科主催の表題の会に行って来ました。

非常に臨床に役に立ちそうな実践的な会で、症例発表などは私だったらどうするだろうな、と思ってみていました。

最近専門の循環器以外の会にばかり参加してたからか、やはり心不全や不整脈の話題だと、血が騒ぎますね。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

ラジブログ

2013.05.22(20:55) 670

今日は6月分のラジブログの収録がありました。

今回の私のテーマは心筋梗塞と、脱水のお話が続きます。

7月7日のふれあい祭りの宣伝もちゃっかりしています。

皆さん日曜日朝8時45分からのラジオ大阪1314、ラジブログを是非聴いてくださいね。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

原稿

2013.05.21(20:49) 669

今日は明日収録予定のラジブログの原稿を作成しています。

結構手間はかかりますが、頭の整理にもつながるため、私は大事な時間だと思っています。

しかし、結局はほとんどアドリブのこともあり、あまり役に立たないこともあるのですが、その時はその時です。

逆にアドリブでいくところこそ、腕のみせどころですね。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

血圧

2013.05.20(20:40) 668

最近は暑くなってきたせいか、高血圧の患者さんの血圧が安定傾向にあるように思います。

そもそも血圧は寒くなると高くなり、暖かくなると低くなる傾向があり、中には薬が減量できたり、中止できたりする人もいます。

いずれにせよ薬を減らせて嫌な患者さんはいませんから、これは嬉しいことですね。ただし、血圧手帳はつけておいてくださいね。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

認知症かどうか

2013.05.19(22:10) 667

物忘れが多くて認知症かもしれないと言って、検査を希望される患者さんがいます。

あくまでも私見ですが、そういった患者さんの中で本当に認知症の方は、かなり少ないように思います。

大事なのは、物忘れが多くなるのは、正常の老化でもあることです。

脳は成人になるとそれ以上細胞は増えず、後は減っていくのみです。若いときのように物が覚えられなかったり、物が思い出せないのは当然のことなのです。

認知症かどうかの診断は、疑問に思えば早くつけるにこしたことはありませんが、自分で、もしくは周りから認知症と決めつけていることも意外と多いものです。現状はそうではない人の方が多い、といったことは知っておいて下さい。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

アジルバ一周年記念講演会

2013.05.18(21:12) 666

今日は表題の会に行って来ました。

このアジルバという薬、血圧の薬の中でARBという私たちが最も使用するカテゴリーの薬の一つで、武田薬品が昨年販売を開始し、1周年を迎えたということです。

私の印象として、この薬の特徴はその降圧効果にあります。確かにプレゼン通り、同系統の薬で下がらず、この薬に変更して下がった、という患者さんが何人かいます。

血圧の薬は今本当に様々なものがあり、私は出来るだけ自分なりに考えて、そして使用する根拠を元にオーダーメイドに薬を処方するようにしています。

ただ下がればいいわけではありません。下がってかつ患者さんが長生きするにはどうすればいいかを考えています。

このアジルバという薬もいい薬だと思います。しかし、誰でも同じ薬でいいわけではありません。上手くその薬の良さを、患者さんが享受できる処方が大事だと思います。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

授乳と薬

2013.05.17(21:01) 665

私も気を付けるようにしていますが、女性で妊娠中であることは伝えてもらえても、授乳中であることは意外と伝えて頂けません。

ほとんどの薬は問題ないのですが、一部の抗生剤を中心に授乳による乳児への影響が懸念されている薬もあります。

妊娠中と同様に、授乳中の方は医師にその旨を伝えるようにしてください。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

インフルエンザB型

2013.05.16(20:50) 664

なぜかここ最近、小児を中心にインフルエンザB型が流行しています。

実際に多い日は2から3人ほど、診断に至る人がいます。

一時的なものだと思いますが、風邪症状でも高熱があったりインフルエンザと診断された方との接触歴があれぱ、注意が必要です。

心当たりの方は早めに医療機関で検査して下さい。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

薬の説明

2013.05.15(21:40) 663

今日はMRさんと薬の説明のアポイントメントをして、お話をしました。

どのメーカーでもそうですが、当然自社の製品を使用してほしい訳で、特徴や他社製品との比較など、色々なデータを元にプレゼンテーションされます。

そして万能薬がないのと同じで、他社と劣る点や、副作用など、あまり伝えたくない点はこちらから探りを入れなければ話してくれないこともあります。

私の個人的な意見としては短所をしっかりプレゼンテーションできるMRさんの方が信頼できます。

何度も言いますが万能薬はありません。患者さんに合わせて、薬の特性や副作用などを十分に検討して、医師は処方箋を書きます。

よく論文のデータを持参されることもありますが、行間を読むと対等の比較でなかったり、データが揃ってなかったりというのは本当によくあることなので、中途半端なものであれば、しっかりツッコミを入れさせてもらいます。

懐疑的に考えるのは、この業界では非常に重要だと思います。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

ホルター心電図

2013.05.14(21:15) 662

当医院のホルター心電図は外しにこられた当日に所見を伝えることができます。

何でもそうですが、外注になってしまうとどうしても時間がかかってしまうため、その間はやきもきした日々を過ごすことになります。

何でも早いに越したことはありませんが、元々ホルター心電図は不整脈を見るために使用するため、特に結果が気になる患者さんが多く、即日結果は大変喜ばれます。

少しでも敷居が低くなれば、私としても嬉しいものです。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

猛暑

2013.05.13(21:10) 661

今日は28度まで気温が上がったようで、ものすごい暑さでした。

お年寄りの方が何人か脱水気味で調子を崩しているとのことで、外来でも在宅でも水分摂取を促したり点滴したり、という状況でした。

しかし肌寒いなと思っていたらこの暑さ。ちょうどいいという気候にはなかなかなりませんね。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

阪急レールウェイフェスティバル

2013.05.12(23:55) 660

今日は在宅事業部土井さんの旦那さんの計らいで、正雀で開催された表題の会に遊びに行って来ました。

男の子は誰もが電車が好きだとは思いますが、私の息子は特に大好きで、いつも電車を転がせて遊んでいます。最近は阪急電車がお好みのようで、車庫に入ると回りの電車の数と機械の数に大興奮でした。

私も童心に帰り、久しぶりに家族で楽しい時間を過ごすことができました。

土井さんの旦那さんに感謝感謝です。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

トビエース

2013.05.11(23:59) 659

今日は過活動膀胱の新しい薬である表題のお薬の発売を記念した講演会があり、行ってきました。

過活動膀胱とは、いわゆる頻尿、尿意切迫などの尿路系のトラブルのことで、男女ともに年齢ともに増加していきます。実際に全人口の10数%はこの状態で悩んでいるらしく、当医院でも内服を含めた治療法についてお話しした人もいると思います。

しかし正直この分野は私は素人のようなもので、一度高名な先生の講義を聞きたいと思っていた矢先に今日があったのですが、コープおおさか病院泌尿器科の壇野先生が、非常に分かりやすく御教授して下さいました。

特に診察室での実際のフローチャートやエコー使用した残尿量の測定法などは、正に明日からでも使える実践的なもので、非常に勉強になりました。

またこれからの実臨床に生かしたいと思います。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

ご挨拶

2013.05.10(23:53) 658

今日は午前診終了後にこれから在宅で診させてもらう患者さんのご家族と、初対面の挨拶をさせてもらいました。

入院している患者さんの場合、病院に行ってカンファレンスでお会いする機会もあるのですが、最近はなかなか時間がとれず、ご自宅に帰ってきて初めてご挨拶、となることがありました。

今回医院までご足労頂き、家族の方と挨拶できたのは、色々な意味で大きいです。私もどういったことを気にされているかなどの情報が得られますし、信頼関係が大事な私たちの業界で、患者さん側からこちらを知ってもらう大事な機会になります。

これから、私どもが責任を持ってお家で診させて頂きます。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

外勤

2013.05.09(23:09) 657

今日は大阪医療センターで外来でした。

先週休診にしたこともあり、また近医や他科からの紹介も多く、午前9時から午後4時まで診察室から一歩も動けませんでした。

北田医院ではカルテや処方箋、封筒などの雑務を医療事務の人たちがやってくれますが、ここでは封筒の糊付けや患者さんの呼び出しまで全て一人作業です。

はっきり言って効率が悪いのですが、この環境での仕事に慣れているから自分であれこれやらなきゃ気が済まなくなるのでしょうね。

外来が終わると書類作成タイムですが、ここで一気に緊張の糸が切れ、空腹にて思考回路がストップしまいます。

外来とは、あんまり身体に良い環境とは言えないいですね。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

最近の傾向

2013.05.08(22:46) 656

最近の傾向として、相も変わらず風邪症状と胃腸炎の症状の方が多いです。

皆さん言っておりましたが、暑くなったり寒くなったり、余りにも寒暖が激しいような気がします。おそらくこれで体がついてこれず、体調を崩すのでしょう。

本当に困ったものだと思います。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

外来再開

2013.05.07(22:40) 655

今日はGW明けの初めての外来でしたが、この連休中に体調を崩された方も多く、非常に時間がかかってしまいました。

暖気運転をするところがいきなりフルスロットルで夜診まで駆け抜けたため、ヘトヘトになってしまいました。

さて、明日からも気合い入れていきます。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

診療情報提供書

2013.05.06(23:55) 654

今日はある病院から私が診ている患者さんが緊急入院になったとの連絡があり、医院に行き当医院での診療経過をFAXで送らせてもらいました。

こういったケースの場合、主治医が知りたいのはどういった疾患をお持ちで、どんな薬を飲んでいるかです。

一刻も早い回復をお祈りしています。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

こどもの日

2013.05.05(23:45) 653

今日はこどもの日ということで、ある方からちまきとおはぎ、桜餅を頂きました。

しっとりとした甘さでボリュームがあり、大変美味しく頂きました。

ニュースでは高速道路の渋滞の話題ばかりです。いよいよGWも大詰めですね。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

2013.05.04(23:08) 652

GWを利用して、某所に旅行に来ています。

職業柄なかなか子供と一日中ふれあう事がないため、この時位は父親らしく振る舞おうと思います。

最近はイクメンと言う言葉が出ていますが、私は正反対を地でいっている気がします。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

覚悟

2013.05.03(22:31) 650

私は在宅診療も大事な仕事の一つです。病院や患者さんから依頼があれば、行ける範囲であれば絶対に引き受けるようにしています。

特に終末期の患者さんの場合は、私も看護師、ケアマネジャー達と一緒に話し合い、様々な計画を立てて患者さんとその家族に向き合うようにしています。

個人的に私の心に響くのは、患者さんやその家族の在宅で看る強い気持ちとその覚悟です。

なにがなんでも家で看る、という方に断言します。病院と同じ医療環境を御約束します。在宅は医療者と家族がその気になれば、病院と同じレベルの診療ができます。ただし自宅にいる、というメリットを享受して頂くため、点滴の間隔を空けるなど、ある程度無駄を削ぎ落とします。

少し前、ある若い患者さんを看取りました。私たちもその強い気持ちに覚悟を見ました。
どれ程お役に立てたかはわかりませんが、本当にお仕事をさせて頂いて良かったと思っています。

いつか夢の中で一緒に大好きな車の話をしましょう。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

休日対応

2013.05.02(22:32) 651

休日に何かあって往診に行くことはできますが、基本的には処方箋が発行できないこと、また処方箋薬局が閉まるため、薬が出せないことがあります。

いくつかは薬のストックをもっていますが、種類や数に限りがあります。つまり、診断はできても治療ができないという、お寒い状況に成りかねないわけです。正にGWがそれに当たるのですが、皆さんでそれとなく緊急性が高いと判断できたら、休日診療所や救急病院に連絡して下さい。かかりつけの患者さんは私が病気の情報を先方にお伝えできるので、当医院まで連絡頂ければ出来る限り対応します。

Dr.kitadaのふれあい広場


2013年05月
  1. (05/31)
  2. 北野動脈硬化セミナー(05/30)
  3. 風疹ワクチンの助成(05/29)
  4. インフルエンザ(05/28)
  5. 乳幼児の風邪(05/27)
  6. 書類作成(05/26)
  7. 鶴見区医師会定期総会(05/25)
  8. 膀胱炎(05/24)
  9. 野江よろず相談所セミナー(05/23)
  10. ラジブログ(05/22)
  11. 原稿(05/21)
  12. 血圧(05/20)
  13. 認知症かどうか(05/19)
  14. アジルバ一周年記念講演会(05/18)
  15. 授乳と薬(05/17)
  16. インフルエンザB型(05/16)
  17. 薬の説明(05/15)
  18. ホルター心電図(05/14)
  19. 猛暑(05/13)
  20. 阪急レールウェイフェスティバル(05/12)
  21. トビエース(05/11)
  22. ご挨拶(05/10)
  23. 外勤(05/09)
  24. 最近の傾向(05/08)
  25. 外来再開(05/07)
  26. 診療情報提供書(05/06)
  27. こどもの日(05/05)
  28. (05/04)
  29. 覚悟(05/03)
  30. 休日対応(05/02)
次のページ
次のページ