FC2ブログ

タイトル画像

日本抗加齢医学会その2

2013.06.30(12:22) 709

今日は表題の会最終日です。午後から用心があり、午前中の演題だけきいて、帰路に着くところです。

今回初めてこの学会に参加しましたが、非常に興味深いものでした。昨日も書きましたが、今までの専門ごとに分けた、いわゆる縦割りの学会と違い、アンチエイジングという括りのみあって、横並びなのが特徴です。

従って医師の中には私のような内科医もいれば皮膚科、形成外科、泌尿器科、整形外科など多数の専門の先生方がおり、その他にも歯科医、看護師、理学療法士や栄養士など、様々な職種の方が一同に介す訳です。私はこれほどバラエティーに富んだユニークな学会は他に知りません。

今年は3分の1程度の滞在しか出来ませんでしたが、来年は大阪で開催とのことなので、時間がたっぷりとれそうです。
次が非常に楽しみですね。

スポンサーサイト




Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

日本抗加齢医学会総会

2013.06.29(23:53) 708

今日は午後より横浜で開催されている表題の会に出席しています。

抗加齢、つまりアンチエイジングですが、これは皮膚のシワ、動脈硬化、内臓疾患など、これまで老化によるものと考えられてきた様々な状態を解明し、エビデンスを構築し予防に生かす学問です。

私がこの分野に興味をもったのは、老化とは専門性の垣根を超えたところにある普遍的なもので、様々な職種、様々な専門医が一同に会して議論が出来るからです。そして上手くいけばどんな患者さんにも還元できるからです。

今回の出張であまり時間はとりませんが、これからしっかり勉強していこうと思います。

ちなみに懇親会ではブラジルの方が本場のサンバを演奏してくださり、大いに盛り上がりました。若々しいですね。


Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

アデノウイルス

2013.06.28(23:48) 707

最近アデノウイルス感染症が流行っているようです。

アデノウイルスはいわゆる夏風邪の代表格で、有名なのは咽頭結膜熱、いわゆるプール熱です。高熱を伴う風邪症状と喉の発赤が特徴で、眼にくると結膜炎として目やにが大量に出てきます。

治療は対症療法しかなく、咳や高熱などに対して咳止め、解熱薬を使用するしかありません。まあこの手のお子さんの感染症は大体こうです。

非常に感染力が強いため、保育園や幼虫ではすぐに流行してしまいますし、登園許可は症状が落ち着いてから2日経過後となっています。

北田医院ではアデノウイルス迅速キットがあるので、喉の粘膜をこするだけで、すぐに陽性かどうかわかります。

ちなみに大人でもうつります。風邪のウイルスの一つですからね。決して子供だけの病気ではないので、油断は禁物です。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

骨粗鬆症治療up date

2013.06.27(23:21) 706

今日は診察終了後、表題の会に行って来ました。

骨粗鬆症の治療、とくに薬物治療の進歩は目覚ましく、様々な薬が出ています。

私もどのような患者さんにどのような薬を処方したらいいか迷うこともあり、最新の知見を得ることができました。

椎体骨折や大腿骨頸部骨折など、もしなってしまったら日常生活に大変支障をきたします。

いかにこれらを予防するかです。特に閉経後の女性は、どなたでも細心の注意が必要です。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

医院懇親会

2013.06.26(21:43) 705

今日は放出の老舗レストラン、510の中にあるステーキハウスにて北田医院の懇親会がありました。

医院の面々はお酒を飲む人があまりいないので、すぐに料理が消費されていきます。この辺り、飲んべえが多い在宅事業部とはえらい違いです。

美味しいお肉を食べて、明日からも元気に仕事に打ち込めそうです。


Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

ステロイド

2013.06.25(23:25) 704

ステロイドと聞くと、あまりよくないイメージがあるかもしれませんが、使い方によってはこれほど有効な薬もありません。

錠剤のステロイドについて、ひとつは喘息のきつい発作が改善します。

また少量のステロイドで、これまで食欲がなく活気がなかった人が、嘘のように元気になることもあります。

使い方を間違えたら感染症や胃腸に悪影響を出すことなどもありますが、リスクとベネフィットを天秤にかけて処方するか考えるのが医師の力量なのだと思います。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

最近の動向

2013.06.24(23:31) 703

かつて6月といえばあまり特有の病気がない、医療機関にとって患者さんが減る時期なのですが、今年はそうでもありません。

まず暑さが早くきたためか脱水が多い。また、最近は雨で涼しくなり風邪が多くなっています。そして雨が降る時期は喘息の発作が出やすく、喘息発作で治療が必要な患者さんも増えています。お腹を壊す人も多いですし、乳幼児さんの感染症も風邪、胃腸炎ともに一定の割合でおられます。

全体的にすっきりしないという方も多い気がします。例年に比べ今年の6月は憂鬱な月になってるのかもしれません。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

天王寺

2013.06.23(23:21) 702

今日は私用で天王寺に行きました。

話題のアベノハルカスにも行って来ましたが、人の多いこと多いこと。人混みの苦手な私は息が詰まりそうになりました。

天王寺といえば元々学生時代によく遊んでいましたのでわかるのですが、本当に変わったなあと思います。ある意味梅田よりも変貌の度合いは激しいかなと。

良くも悪くも大阪っぽいごった煮感が魅力だったのが、かつての天王寺だと思います。

私は車を使うからか、駐車や地下道による移動の手軽さもあり、今は梅田の方が好きかな?まあ人が多いのはどっちも同じですが。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

MRワクチン

2013.06.22(23:53) 701

風疹の予防接種で風疹ワクチンが無くなり現在MRワクチンで代替していますが、これも夏に不足しそうな状況です。

私も個人的には抗体検査をして接種を考えて頂きたいですが、そりゃあワクチンは助成があっても検査が自費であれば、やる人は限られると思います。

予防接種と抗体検査、両方に何らかの助成を設定するべきでしたね。やはりワクチンの助成が始まってからすぐに品不足では、何やってんだという気持ちになります。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

医療相談

2013.06.21(23:32) 700

外来でたまにご家族の方から医療相談を受けることがあります。

介護のことや病気のセカンドオピニオンなど、非常に多岐に渡ります。

外来中なのでそれほど時間は割けませんが、出来る限りお役に経てることが出切ればと思います。

それこそ書類のことなら医療事務の方がよく知っていることも多いですし、看護に携わることは看護師の方が実践的なアドバイスをもらえます。みんなと相談して、何らかのお話ができればと思います。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

千里循環器病セミナー

2013.06.20(23:16) 699

今日は表題の会に行って来ました。

日本における循環器疾患治療のエビデンスという講演を、国立循環器病研究センターの小川先生がお話くださり、細かい所まで切り込んだ内容で、非常に勉強になりました。

なんか最近はまたまた循環器の会合に出席することが増えてきましたね。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

ラジブログ

2013.06.19(19:10) 698

今日は7月のラジブログ収録がありました。

またまたリスナーの方からお便りを頂きました、ありがとうございました。

ロコモについてのお話でしたが、7月4日の回でお答えさせて頂きました。ご参考にしてもらえればと思います。

今ならなんでも質問のお手紙頂ければ、ラジオ上でお答えしますよ(笑)

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

ラジブログ原稿作成

2013.06.18(23:02) 697

明日が7月のラジブログ収録のため、今日は夜診終了後よりPCに向かって原稿作りです。

今回の私のコーナーでは在宅診療や今話題の咳喘息、冷房病、ピロリ菌について話したいと思います。

毎回ネタを詰め込み過ぎて翌週に持ち越しになるケースがありますが、今回はしっかり枠内に収まるでしょうか?とにかく明日の収録が楽しみです。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

ロタワクチン

2013.06.17(23:53) 696

今日は生後2か月でロタウイルス、肺炎球菌、ヒブの3つのワクチンの予防接種を受けに来られた方がいました。

ロタは経口ワクチンで、後者2つは注射のワクチンです。

重要なことは、絶対に赤ちゃんを泣かせてしまわないこと。注射は無理にでも打つことができますが、経口だけは口を閉じられたり吐き出されてはおしまいです。

ということで、注射は絶対に後回しです。わかってはいるのですが、ワクチンを飲ませる前など、いつも泣かせていまわないかドキドキしてしまいます。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

肉離れ

2013.06.16(23:28) 695

今日はある催し物にいった後ホテルの中で非常に長くて広いスペースがあったので、息子とかけっこをしていたのですが、調子にのって全力で駆けようとしたところグキッと嫌な感じが、、。

やってしまいました、太股の裏、ハムストリングスの肉離れです。

息子にも心配されるという、本当に情けない姿です。

やはり運動不足の人間が無理をやってはいけませんね。今日は妻に湿布を貼ってもらってふて寝です。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

子宮頸癌ワクチン

2013.06.15(23:35) 694

厚労省から何ともどっち付かずな通達が出て、現場が混乱しています。

子宮頸癌ワクチンによる因果関係を否定できない腕から全身に至る疼痛の報告があり、協議の結果、積極的に予防接種を推奨しないという結論に至ったようです。

このワクチンは公費負担でかつ12歳以上の女性が接種することができます。つまり簡単にまとめると、希望があれば予防接種をすることは出来るけど、国としては積極的に推奨はするな、ということです。

この医療機関に判断を投げ掛けるやり方、今回に始まったことではありませんが、本当に腹がたちます。

もし少し時間をとってある程度考えがまとまるのであれば、この子宮頸癌ワクチンは接種が少し遅れたからどうということではないので、今接種を開始している方を除き一旦中止にすればいいのにと思います。

このどっち付かずの判断が現場、そして皆さんを混乱させていることに、厚労省は罪悪感を感じないのでしょうか?

もし子宮頸癌ワクチンのことで質問があれば、私が直接お話します。医院までご連絡をください。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

高齢者と脱水

2013.06.14(23:13) 693

ここ最近はものすごい暑さですね。

脱水がチラチラ頭をよぎる毎日ですが、やはりなかなか水分が摂れず体調を崩す患者さんが増えています。

高齢者で多いのが、冷房などで部屋を涼しくしなかったり、喉が渇いていないことで水分を摂らず脱水になるパターンです。

とにかく少なくともどちらかはちゃんと遵守しないと、正直この夏は厳しいと思います。

脱水に対して点滴をして針を刺し、痛そうな顔をされると、こうせずに済む方法はなかったかと、考えてしまいます。自宅でも、家族の方から脱水予防について高齢者の方に習知して頂けるようお願いします。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

カレー会

2013.06.13(23:33) 692

今日は久しぶりのカレー会があり、夜に泉大津の馴染みのインドカレー屋さんに行って来ました。

いつもながらに美味しいインド料理を食べながらお互いの近況と昔話に花を咲かせ、楽しい時間はあっという間に過ぎていきました。

詳細は割愛しますが私の尊敬する元上司の先生が退職されるとのことで、びっくりしました。少し離れた所に行かれるらしく、気軽にお会い出来なくなるのが残念ですが、お家にお邪魔する理由?も出来たので、ガラガラを持って遊びに行こうと思います。

そういえば全く変化のない人もおりました。早くいい人を見つけてくださいよ。



Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

子供の時間外往診

2013.06.12(23:21) 691

私にとってのアキレス腱は、時間外の子供の往診です。

例えば大人であれば診断して薬が必要ならば取り敢えず手持ちから処方して、という行動に移れますが、子供の場合、体重に合わせた粉薬や水薬になるので、処方できない訳です。

せっかく診察しても薬を出せないのなら、あまり私が診察するメリットがありません。

ですので、どうしても子供さんは救急病院や夜間休日診療所に行って頂くことが多くなります。

ご理解頂きたく思います。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

風疹

2013.06.11(20:14) 690

男性の風疹の患者さんが来られました。

みてすぐそれとわかる発疹で、10日ほど前に風疹と診断された方と接触があったようです。

この方は幸い症状が軽めでしたが、やはり風疹は若い人が多いため、やはり女性への影響も気がかりです。

自宅安静はもちろんですが、自宅内でもマスクをしてある程度接触を避けるべきでしょうね。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

咳喘息

2013.06.10(23:13) 689

風邪を引いたあとに咳だけがずっと残るといった症状でお悩みの方はいませんでしょうか?

原因ははっきりわかっていないのですが、咳喘息の可能性があります。

特徴は乾いた咳で、夜から朝にかけてが多い、喘息みたいにヒューヒューいわないなどがあります。

もし咳喘息だった場合、吸入ステロイドが非常によく効きます。逆に治療が遅くなれば、3割くらいの人が喘息に移行するという話もあり、早期に治療することが大切です。

頑固や咳でお悩みの方は、一度ご相談を。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

看護研究

2013.06.09(21:22) 688

私の家内の元同僚で循環器内科の看護師がおり、大学院生として心不全の研究をしているのですが、当医院でも協力頂ける患者さんにお願いしたいとのことで、引き受けさせてもらいました。

アンケート方式で、出来るだけ患者さんの負担にならないよう、様々な工夫がされています。

慢性心不全の患者さんで何人かご協力をお願いするかもしれませんが、その節はよろしくお願いします。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

処方箋

2013.06.08(21:11) 687

時々ではありますが、処方箋を受け取って用事があって薬局に行けず、気がついたら期限切れになり薬をもらえなかったという患者さんがいます。

これは本当に辛い話で、私たちとしても新たに処方箋を発行できないので、最悪自費となってしまいます。

処方箋の有効期限は、殆どが4日になっていると思います。必ずそれまでに、できれば帰りの足で薬局に行くようにお願いします。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

リニューアル

2013.06.07(23:16) 686

処置室前の椅子が新しくなりました。

値段が安くお得と思っていたらなんと組立式だったらしく、木曜日の外来の合間を縫って当院のナイスミドルお二人が汗水垂らして作り上げてくれました。

自分で言うのもなんですがうちのイメージカラーの黄緑に合っていて、非常に明るく爽やかな印象です。

是非見ていってください。


Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

紹介

2013.06.06(23:11) 685

今日は大阪医療センターでしたが、同院の地域連携室から在宅診療の依頼がありました。

癌の末期の方ですが当医院の往診圏内であり、もちろん引き受けさせてもらいました。

これからよろしくお願いします。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

脱水

2013.06.05(20:54) 684

脱水症に陥る患者さんが増えています。

やはり高齢者が多く、真夏日が続くからか、例年よりも早い印象です。

重要なのは、自宅の中にいても脱水になる可能性があることです。今年私がみた患者さんは、ほとんど自宅で脱水症になっています。

別にスポーツ飲料水でなくても構いません。お水やお茶でもこまめに摂れば十分です。部屋の空調も重要です。

まだまだ暑い夏はこれからです。脱水症十分注意してください。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

風疹ワクチン

2013.06.04(23:17) 683

風疹ワクチンの公費負担の件、相当に反響が大きいようで、私の周囲でも予防接種を希望される方が増えています。

現在風疹ワクチンは枯渇しており、ほとんどの医療機関で麻疹風疹ワクチンを使用しているのが現状ですが、そうなるとこのワクチンも在庫不足になるか気になるところです。

本来乳幼児にこれらの感染症から守るために作られたワクチンなのに、お子さんが接種できないとなると大問題です。

今度こそ、メーカーさんはワクチン在庫の現状を真摯に伝えてもらえることを願っています。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

子宮頸癌ワクチン

2013.06.03(22:46) 682

今日は久しぶりに子宮頸癌ワクチン接種の方が来られました。

おそらく12歳で、ワクチン接種を勧めるハガキが来たのでしょう。

子宮頸癌ワクチンにはガーダシル、サーバリックスと2種類あり、よく違いを質問されることがあります。

細かいことを言えば違いがいくつかありますが、結果から言うと優劣をつけるようなものではなく、同様にしっかり抗体がつき予防できます。

但し、3回接種が必要ですが、必ず最後まで同じワクチンで接種を続けなければいけません。

痛いのがたまにキズですが、12歳の方はせっかくの公費負担ですから、しっかり接種しておいた方がいいと思います。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

特定健診

2013.06.02(21:03) 681

今日は鶴見区役所で特定健診の仕事に行って来ました。

日曜日で無料ということもあり、いつもは人でごった返すのですが、今日は天気が悪いからか人の数も少なく、のんびり診察ができました。

同様の健診を当医院でも毎週火曜日に予約で行っております。これまでは血液検査も少し内容が物足りないものでしたが、今年から大阪市は腎機能や尿酸値なども加わり、内容が充実した感があります。

あまり医療機関にかかっていない方は、是非とも受診をお勧めします。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

風疹ワクチン

2013.06.01(23:06) 680

今日ある患者さんから風疹ワクチンを会社としてお金を出すから受けるようにと言われていると聞きました。

風疹を予防することもそうですが、もしなってしまうと一般的に1週間以上は休むことになるため、仕事に支障を来すからとのことです。

私としてはワクチンを打つことに問題はありませんが、そもそも抗体価を測定する方が先行するべきですし、風疹の罹患歴が無かったり抗体価が低くて、一番必要なのは若い女性で、次に妊娠された方の旦那さんです。

そもそも現在は風疹ワクチンは枯渇していて、小児の麻疹風疹ワクチンを使用している状況です。

大阪市の助成も始まり、この麻疹風疹ワクチンも在庫が無くなるのでは、と少し心配しています。

Dr.kitadaのふれあい広場


2013年06月
  1. 日本抗加齢医学会その2(06/30)
  2. 日本抗加齢医学会総会(06/29)
  3. アデノウイルス(06/28)
  4. 骨粗鬆症治療up date(06/27)
  5. 医院懇親会(06/26)
  6. ステロイド(06/25)
  7. 最近の動向(06/24)
  8. 天王寺(06/23)
  9. MRワクチン(06/22)
  10. 医療相談(06/21)
  11. 千里循環器病セミナー(06/20)
  12. ラジブログ(06/19)
  13. ラジブログ原稿作成(06/18)
  14. ロタワクチン(06/17)
  15. 肉離れ(06/16)
  16. 子宮頸癌ワクチン(06/15)
  17. 高齢者と脱水(06/14)
  18. カレー会(06/13)
  19. 子供の時間外往診(06/12)
  20. 風疹(06/11)
  21. 咳喘息(06/10)
  22. 看護研究(06/09)
  23. 処方箋(06/08)
  24. リニューアル(06/07)
  25. 紹介(06/06)
  26. 脱水(06/05)
  27. 風疹ワクチン(06/04)
  28. 子宮頸癌ワクチン(06/03)
  29. 特定健診(06/02)
  30. 風疹ワクチン(06/01)