FC2ブログ

タイトル画像

膝の注射

2013.07.31(23:05) 740

患者さんで変形性膝関節症で関節痛があり、痛みをとるために定期的に膝の関節内注射をしている人がいます。

この患者さんの趣味はボウリングで、スコアを見せてもらうとなんと最高299点!しかも今年のスコアです。

ボウリングは膝の負担が大きいですが、手術はせずに何とか今のまま頑張りたいとおっしゃられました。

よくプロ野球選手で手術をするかどうかという記事を目にしますが、高齢者でも同じような悩みがあるのだなと思いました。

出来る限り患者さんの楽しみを損なわないよう、うまくサポートしていきたいですね。
スポンサーサイト




Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

懐メロ

2013.07.30(23:16) 739

ふれあいセンターで研修医の先生に持ち歌を披露してもらうのが慣例になっていますが、今回来られている先生は入所者の年齢を配慮し、村下幸蔵のはつ恋を
歌ったようです。一昔前で私も大好きな、言われる懐メロですが、今日それを聴いて診察に来られた90歳前の患者さんに、あんな若者の歌分からん、と言われていました。

確かにふれあいセンターの入所者の皆さんにとってはそうなんですね。なかなか研修医の先生も難易度高いです。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

介護保険審査

2013.07.29(23:41) 738

介護保険の認定前に訪問審査がありますが、私はこれに大いに不満をもっています。

最大の理由は訪問員の中で評価の個人差があることです。そもそものわずか一回の聞き取り調査でどれだけのことが正確に評価できると言うのでしょうか?

特に認知症の方の症状の一つに、取り繕い行為というものがあります。患者さんが可能といった項目、過大評価していないかよく考えて頂きたいです。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

法事

2013.07.28(23:18) 737

今日は法事で久しぶりに親戚が一同に集ったわけですが、以前に比べてお子さんの数が増えて一気に賑やかになっていました。お寺の境内を走り回っている子供たちの姿を見て、30年前は自分たちがこうだったんだなと感慨深いものがありました。

それを世話する親は大変ですが、こうやって家族が増えるのはいいものだなと思いました。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

研修医飲み会

2013.07.27(23:18) 736

今日は私が研修医の時に在籍していた大阪けいさつ病院の同期の先生たちとの飲み会に行ってきました。

修行中の時はどこでも脇目も降らず必死で毎日を過ごし、時にはぶつかりあい、時には励まし合い、ということがあると思いますが、私達の学年は特に周りからよく例え話にあがるほどこれが顕著で、当時は自分の無力さや人間関係に悩むこともありました。

久しぶりに会うとみんなある意味丸くなっており、その頃の思い出話をしてそんなこともあったなあと、楽しく過ごすことができました。

あれから10年。みんなそれなりに年をとったということですね。

この会を企画してくれた小学生からの親友、東君に感謝です。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

迅速採血

2013.07.26(23:05) 735

原因不明、もしくは何らかの炎症所見があるけど、どの程度悪いのかが解らないときに使えるのが迅速採血です。

白血球、赤血球や炎症の指標であるCRPなど、項目は限られますが、この検査で、例えば肺炎ならば軽症なのか重症なのかがわかります。

病院に紹介するか、外来で治療するか迷った時に、この検査である程度判断できます。またもし紹介するときも、この値を担当医にお伝えすることで理解して頂けます。

後、外来でフォローしていても経過を追っていけるのも利点です。

上手く使えれば、非常に役に立つ検査です。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

相談

2013.07.25(23:36) 734

今日は大阪医療センターで外来でした。

ある婦人科の病気のことで私の研修医時代の産婦人科の友人に相談をしたら、丁寧に疑問を解決してくれました。

説明を聞く立場になると、医師が患者さんにうまく説明することがどれだけ大事かがわかります。

特に図示してくれると尚更わかりやすいですね。まあ私には絵心というものがありませんが、出来る限り納得できる説明を心掛けたいと思います。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

2013.07.24(23:29) 733

早めの誕生日プレゼントということで、家内にテンピュールの枕をもらいました。

私の身体の悩みでVDT症候群、パソコンや診察などで長時間机に向かうことで首や肩の慢性的なこりがあり、ひどい時は頭痛が出ることもあります。

睡眠時間は多くありませんが、いい枕だけあって、仰向けでも横になっても楽チンです。これで首や肩の負担がとれて快適に休めそうです。

何よりのプレゼントに感謝感謝です。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

猛暑

2013.07.23(23:56) 732

暑い日が続きます。

外来でも在宅でも、脱水気味の方が増えています。高齢者の場合、夜トイレが近くなるからと水分をとらない方がいますが、一番恐いのは夜間から朝にかけてです。

夜寝ているときにかく汗は相当なもので、冷房を入れていなければ尚更です。

そして身体の水分が減って血液が濃くなって血栓を作りやすくなり、脳梗塞や心筋梗塞をおこします。

トイレが辛いのはわかりますが、自分の身体を守るためです。とにかくこまめに水分補給です。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

迅速キット

2013.07.22(23:14) 731

最近夏風邪が増えています。

私はこれまでインフルエンザを除くウイルス性疾患の迅速検査には否定的でしたが、考えを改めなければいけません。

そう思ったのがアデノウイルスの迅速検査です。

この病気自体有効な治療法がなく対症療法しかありませんが、この感染症による咽頭炎は咽頭結膜熱、いわゆるプール熱と言われるもので、学校保健法でいう2類感染症にあたり、症状がとれてその後2日を経るまで登校、登園禁止になります。

即ち、二次感染の予防に繋がります。治療法うんぬんより、このことが予防医学として重要なのです。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

参議院選挙

2013.07.21(23:59) 730

今日参議院議員選挙の投票日でしたね。私も家族で投票に行ってきました。

しかし投票率が50%少しとは、非常に残念です。期日前投票を利用する手もあるのに、ADLの問題以外に選挙に行かない理由は何なのでしょうか。

特に投票する政党や候補がいないのであれば、無記名票を入れるのも立派な意志表示であり、投票です。

選挙は一般人が政治に対して意志表示をできる、数少ない機会です。選挙に行かない人が政治に対してあれこれ言う資格はありません。

私はテレビや新聞は中立的立場を提供する場とは思っていませんので、一切見ません。専らインターネットです。下らない書き込みもありますが、下らないコメンテーターよりはましです。

こう見えて、意外と私は政治にはうるさいですよ。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

土曜診察

2013.07.20(23:49) 729

私達開業医は土曜に診察することは当たり前ですが、一般病院で土曜に外来をしているところはそう多くはありません。

当然そういう所は救急として患者さんを診て頂けるのですが、私が是非望むのは土曜の専門外来です。

例えば乳腺やパーキンソン病などの神経疾患、甲状腺や精神疾患など、急ぎではないけど土曜日しか受診できないというケースは意外と少なくありません。

自身の身体のことですから平日にしっかり時間を作ることが最重要だとは思いますが、それでも土曜日にこのような特殊な専門外来枠があれば、私達開業医も非常に連携が取りやすいです。

なかなか難しい問題だとは思いますけどね。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

介護疲れ

2013.07.19(23:37) 728

自宅で介護をされている場合、介護を受ける方や環境だけが重要ではありません。ある意味一番重要なのは、介護者です。

ここでいう介護者とは大体が御家族になるわけですが、例えば人数が一人なのか複数なのか、どれだけ介護力があるか、介護に割ける時間はどの程度か、など、様々要素が必要になってきます。

そして私達が絶対に目を配らなければいけないのが、介護者の身体的、精神的疲労です。

自宅介護は介護者無しには絶対に成り立ちません。逆に介護者が倒れてしまうと、大急ぎで次の対応を考えなければいけません。特に老老介護になっている所は、介護者も適度に息抜きできるような体制を作る必要があります。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

心臓破りの道

2013.07.18(17:08) 727

今日は大阪医療センターで外来でした。

この病院、地下鉄谷町四丁目のすぐ上と非常に利便性はよいのですが、駅のホームから病院入り口までの距離が意外と長く、スロープがあったり階段があったりと、全く体に優しくありません。

心臓の悪い方はこれで息切れが出たり胸痛が出たりと症状が出ることがあるので、別名心臓破りの道と私は言っています。足が悪い方も同じく辛いだろうと思います。

交通機関のためなかなか難しい問題ですが、本来病院は入院はもちろん重症になったり大きい検査をするために来るところ。

安定している患者さんは、近くのお医者さんで診てもらってくださいということなのですかね。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

ラジブログ

2013.07.17(22:52) 726

今日はラジブログの収録がありました。

ゲストとして妹の近大神経内科の加藤茉里医師にも出演してもらい、普段あまり顔を合わさない面子で収録しました。

神経内科という科、聞き慣れなかったり勘違いされることもある科ですが、非常に重要かつ難しい科で今後も患者さんの数が増えたり、新しい治療が開発されたりと将来性のある部門です。

特に在宅診療で当該疾患で現在も密接に診させて頂いている患者さんも多く、私たち開業医にとっても勉強が必要なのです。

緊張してか一回取り直しもあり、どうなるかと思いましたが、流石にすぐに慣れて、うまく中村さんとお話できるようになっていました。

好評でしたら、また来月も出てもらいましょうか。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

準備

2013.07.16(21:48) 725

今日は明日のラジブログの準備と思ったのですが、急遽妹がゲスト出演してくれることになったので、私は控えめにすることにしました。

というか前月残していたネタがあるので、実質何の準備もなく明日に突入です。

ラジオもなれてきて、私もだいぶ老獪になってきました。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

試験

2013.07.15(22:01) 724

昨日書いた通り、今日はプライマリケア学会の認定医試験がありました。

午前中は指導医用の講義で疲れたところを午後の試験で止めをさされるという、なかなかのハードスケジュールです。試験は記述式でよく私たち医師の試験であるマークシート形式でないため、久しぶりにたくさん文字を書いた気がします。

昔から私の字は達筆過ぎて看護師からふりがなをつけられる有り様でしたが、果たして解読して頂けるのでしょうか?

それが何よりの不安材料です。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

出張

2013.07.14(21:51) 723

明日プライマリケア学会の認定医試験を受けるため、東京出張です。

会場が汐留のため、汐留のホテルに宿泊ですが、周りが高層ビルばかりでびっくりしました。私が学生の頃は工事中の看板ばかりで何も無かったのを覚えています。

今日は久しぶりにゆっくり寝ることにします。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

週末の救急

2013.07.13(23:22) 722

今日午前中に来院された患者さんが帰宅後もやはり体調が思わしくなくその後夜に連絡があり、念のためということで大手前病院に救急受診して頂きました。

急性期病院として当医院が救急で紹介することが多い病院は、おそらく大手前病院が一番だと思います。

有難いのは、いつも突然の依頼にも関わらず、快く受診を引き受けて頂けることです。開業医として、緊急時の対応が迅速であることが、どれ程助かるか。

いつも本当にありがとうございます。感謝の気持ち、忘れることはありません。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

薬の色

2013.07.12(23:13) 721

たまにもらっている薬でこれが余っているということで、何色の薬、と言われることがあります。

私たち医師は実はこの表現が一番苦手で、それが何であるか特定できないことがあります。

薬の効能や副作用などは熟知していますが、実際に薬自体を見たことがないことが多いためです。患者さんからすれば何で知らないの、と思われるかもしれませんが、これは実際に調剤する薬剤師さんとの違いです。塗り薬の色も同じです。

薬手帳や実際に薬の空き殻を持ってきて頂くのが一番です。よろしくお願いします。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

地域連携室

2013.07.11(20:57) 720

今日は大阪医療センターで外来でした。

私の患者さんで末期癌で入院されている方がいて、御家族が今後どうするかを私の外来に相談しに来られました。

私は地域連携室に相談することをご提案しましたが、今日御家族とたまたまお会いしたところ、色々な選択肢の提供や疑問点の解決をしてもらい、凄くよかったと話されていました。

病診連携や退院後の相談は、正直御家族だけでは限界があります。そのためソーシャルワーカーを中心とした地域連携室があるのです。

御家族だけで抱えないで、誰かに相談できる体制作り、北田医院でも大事にしています。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

医学雑誌

2013.07.10(20:35) 719

今日は久しぶりに書店で在宅診療に関する医学誌を購入しました。

大きな書店で元々医学コーナーも大きいのですが、驚いたのは本の種類が増えていることです。特に一般の方や、研修医向けの読みやすい本が増えた印象です。私も興味深い医学雑誌を買ってみました。

来週出張があるので、新幹線の中でじっくり読もうと思います。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

冷房病

2013.07.09(23:52) 718

なんとなく体がだるい、食欲がないなどの不定愁訴の患者さんが増えています。

自宅や職場で冷房をつける時間が長い、扇風機の前にずっといるなどがあれば、冷房病かもしれません。

ずっと体が冷やされている状態で外出し、外の暑さに体がついていけないわけです。自律神経失調症の一つといえます。

外気を定期的に入れる、冷房をタイマーにするなど、暑さとうまく付き合うことが大事です。

暑すぎると熱中症がありますし、冷房に頼りすぎると冷房病を起こす。困った季節です。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

猛暑

2013.07.08(23:20) 717

今週からえげつなく暑い日が続いています。

こうなると確実に増加するのは熱中症の患者さんで、処置室が点滴の患者さんでいっぱいになります。

とにかくこまめに水分補給です。喉が乾いてからでは遅いですよ。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

ふれあい祭り

2013.07.07(23:08) 716

今日は恒例の放出ふれあい祭りが開催されました。

晴天にも恵まれ、開始前から多数の行列ができていて、私も驚きを隠せませんでした。

今回は特別ゲストとして景品の抽選の時にラジオでお仕事させて頂いている、中村ちあきさんにお越し頂き、抽選会の司会、進行をしてもらいました。さすがプロの司会、会場の皆さんも驚いたのではないでしょうか。

また、かつての従業員が久しぶりに顔を出してくださり、近況を御話しすることができました。私にとってこれほど嬉しいことはありません。

ふれあい祭り、おかげさまで大盛況で幕を閉じることができました。ご来場、商品をご提供頂いた方、協賛して頂いた皆さん、本当にありがとうございました。



Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

バザー準備

2013.07.06(23:01) 715

いよいよバザーが明日に迫りました。

今日はその準備を各部署の皆さんにやって頂きました。考えれば各部署の従業員が一同に介すことはこれ以外には忘年会くらいしかないので、結構貴重なことです。

皆さんの的確な行動力で、90分ほどて完成に至りました。

今年はあいにく商品は例年より少なめですが、商品が厳選されているのとお子さんが楽しめる催しやマッサージが受けることができるなど、見所が盛りだくさんです。

それでは明日の10時にお目にかかりましょう。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

バザー物品

2013.07.05(23:23) 714

今日は夜診の時間帯にラジオの中村ちあきさんがバザー用に物品を届けてくれました。ありがとうございます。

当日も時間がつけば来て頂けるとのことなので、是非豪華景品の抽選のときにプロの華やかな声で読み上げて頂きたいですね。

バザーは明後日7月7日午前10時から。七夕の日です。ぜひご家族と一緒にふれあいセンターまで遊びに来てください。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

肺炎

2013.07.04(23:13) 713

風邪症状が持続して治まらなくて来院して、肺炎だったケースは意外と多くあります。

当然レントゲンで肺に浸潤影があって診断に至るわけですが、レントゲンでははっきりわからないけど怪しい、という時に役に立つのはCTです。背中側、とくに心臓の裏側などは功名な放射線医であればわかるかもしれませんが、普通はレントゲンでは診断できません。しかしCTならばびっくりするほどはっきりわかります。

少しお金はかかりますが、必要な時にはしっかりやるべき検査だと思います。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

夏風邪

2013.07.03(23:59) 712

最近お子さんの風邪の患者さんが増えています。

夏風邪の代表がヘルパンギーナ、手足口病、アデノウイルスなどによる咽頭結膜熱ですが、ウイルスは何百種類もあるので、当然もっと色々あります。

潜伏期というのがあり、その間も感染力を持つので、どうしても保育園や幼稚園に行っているお子さんはうつしあいっこになります。よく親御さんから家の子は病弱ではないかと相談を受けることがありますが、これは仕方がないことなのです。

当然何か症状があれば医院に連れてきて頂くのが一番ですが、ある程度大目にみるくらいでないと親御さんも疲れてしまいますよね。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

胃ろう

2013.07.02(23:44) 711

今日は在宅で経腸栄養をしている患者さんの胃ろう交換をしました。

マニアックなことを言うと、胃ろうにはカンガルーボタンとバルーンタイプの2種類があります。どちらも管理がしやすくそれこそ好みの問題ですが、大事なのは物の利点と欠点を理解することです。

こういう医療機器は少ないとはいえトラブルがあり、その時にどう対処するかは知識として、そして経験的に知っておく必要があります。

気管カニューレの交換などでは、少しのことが命取りになることもあります。不測の事態は予期せぬタイミングでやってきますからね。

Dr.kitadaのふれあい広場


2013年07月
  1. 膝の注射(07/31)
  2. 懐メロ(07/30)
  3. 介護保険審査(07/29)
  4. 法事(07/28)
  5. 研修医飲み会(07/27)
  6. 迅速採血(07/26)
  7. 相談(07/25)
  8. (07/24)
  9. 猛暑(07/23)
  10. 迅速キット(07/22)
  11. 参議院選挙(07/21)
  12. 土曜診察(07/20)
  13. 介護疲れ(07/19)
  14. 心臓破りの道(07/18)
  15. ラジブログ(07/17)
  16. 準備(07/16)
  17. 試験(07/15)
  18. 出張(07/14)
  19. 週末の救急(07/13)
  20. 薬の色(07/12)
  21. 地域連携室(07/11)
  22. 医学雑誌(07/10)
  23. 冷房病(07/09)
  24. 猛暑(07/08)
  25. ふれあい祭り(07/07)
  26. バザー準備(07/06)
  27. バザー物品(07/05)
  28. 肺炎(07/04)
  29. 夏風邪(07/03)
  30. 胃ろう(07/02)
次のページ
次のページ