FC2ブログ

タイトル画像

タミフル耐性インフルエンザ

2014.01.28(21:24) 842

昨年12月に札幌でタミフルが効かないインフルエンザがでたと話題になりましたが、今日のニュースで同様の患者さんが三重でも発見されたとありました。

一応札幌のインフルエンザの持ち込みだと言われていますが、こうなるとなかなかタミフルを使用しづらくなりますよね。ちなみにこの札幌の症例では、点滴のラピアクタも効かなかったようです。

私は抗インフルエンザ薬の使い分けは患者さんの性格や使い方、年齢などで決めています。詳細は企業秘密ですが、あくまでどの薬も同等に効果があることが前提です。

インフルエンザのトピックスには十分注意をしていますが、おそらく他の吸入薬のイナビル、リレンザにも耐性がある別のタイプのインフルエンザウイルスが出てくるのでしょう。

但し私見ですが、全ての薬が効かないインフルエンザウイルスは、しばらく出てこないと思っています。感染症の世界は抗生剤と耐性菌のいたちごっこですが、まだインフルエンザに関しては時期尚早かなと思う訳です。

ですのでとにかく何らかのインフルエンザ薬を出して3日経っても改善の見込みがないようであれば、改めて受診するようにお話しています。インフルエンザは混合感染といって別の細菌やウイルスを引き込んで肺炎などになってしまうこともあり、注意が必要です。
スポンサーサイト




Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

ある訪問診療先にて

2014.01.27(21:25) 843

ある患者さんが心臓の病気を指摘されあまり冬場出歩かないようにと指示を受け、それでは退屈だろうとお子さんから大好きな犬を買ってもらったとのことです。

まだ生後2か月のチワワらしいです。かわいいですねー。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

ラジブログ

2014.01.22(23:33) 841

今日は鶴見区役所でBCG接種のお仕事の後、2月分のラジブログの収録がありました。

テーマは大流行しているインフルエンザです。4種類薬があるのですが、それぞれの使い方や長所短所についてお話しています。

いつも事前にミーティングをするのですが、中村ちあきさんは本番でたまに変化球を投げることが多く、咄嗟の判断が必要になることがあります。でもこの緊張感が生収録の醍醐味ですね。最近打ち返すのも上手くなってきました。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

鶴見区医師会新年会

2014.01.18(23:48) 840

今日は午後よりニューオータニで鶴見区医師会の新年会がありました。

いつも私より年配の先生方ばかりなので恐縮しているのですが、やはりそれは今年も変わらず、私も顔が強ばっていたと思います。

しかし開業して4年が経ち、先生方の顔が見えるようになったからかだいぶ冗談やプライベートの話も出来るようになりました。

気さくに声を掛けて下さるのも有難いです。いつもサポートして下さる諸先生方に感謝です。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

送別会

2014.01.15(23:20) 839

今日はふれあいセンターの嘉田師長代理の送別会がありました。

ふれあいセンター発足当時から私たちを支えてくれた方で、なんと15年勤務されていたとのことです。

嘉田さんの素晴らしいのは良く気がつくことと、思いやりがあることです。今職場に何が足りないのか、何が必要なのかを理解していますし、どれだけ北田医院の患者さんやふれあいセンターの入所者さん、利用者さんの心の支えになっていたかわかりません。

そして人を楽しませることができる、アイデアマンでもあります。獅子舞や銭型平次。従業員も含めみんな慕っていたことがよくわかる今日の宴会のヒトコマがありました。

本当に長い間お疲れ様でした。またあなたが築き上げたふれあいセンターに遊びに来てください。


Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

アウトブレイク

2014.01.14(22:39) 838

今日は風邪症状の患者さんが多かったのですが、なんと8人の方がA型インフルエンザでした。

まさにアウトブレイクといっていいでしょう。流行期に入ったことを実感します。

写真にインフルエンザ後の安静期間について載せました。少しややこしいですが、感染の拡大を防ぐ重要なことですので、御理解の程お願いします。


Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

インフルエンザ

2014.01.11(23:58) 837

いよいよインフルエンザの患者さんが増えてきました。

ほとんどがA型でしたが、中にはB型の人もいました。現在のところはインフルエンザの予防接種を受けていない患者さんばかりですね。

治療は患者さんと相談しながら決めます。飲み薬、吸入薬、点滴と様々にあるのと、そもそも発症48時間以内の使用により、解熱するまでの期間を減らすことができるので、それ以上経過している方には投与しても無意味だからです。

今度風邪症状だとインフルエンザの迅速検査をする確率が増えてくると思います。鼻が痛くなり皆さん辛い思いされるかもしれませんが、ご協力をお願いします。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

仕事始め

2014.01.06(23:21) 836

いよいよ今日から仕事始めです。といっても実は治験で勝手に4日から始動してましたが。

やはり1週間仕事から離れるとからだが鈍ります。往診や電話再診などで仕事と切れない日はありませんでしたが、それでも朝から晩までみっちりでなければ、体がしゃんとしません。やっとスイッチが入った感じです。

今日は外来はそこまで忙しくありませんでしたが、訪問診療が非常に多く、年始早々夜診開始が遅れてしまいました。

今年の第一の目標は、タイトでも時間を守るということです。
いやはや小学生みたいですね。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

謹賀新年

2014.01.01(22:20) 835

明けましておめでとうございます。

今年も無事新年を迎えることが出来ました。これも一重に当院を使用してくれる患者さん、利用者さん、私たちの職場を支援してくれる関係者の皆さんのおかげです。

昨年60周年を迎え、今年は色々な意味で変革の年です。どうぞこれからも御指導御鞭撻の程、よろしくお願い申し上げます。

ちなみに私、年男です。関係ありませんが。

Dr.kitadaのふれあい広場


2014年01月
  1. タミフル耐性インフルエンザ(01/28)
  2. ある訪問診療先にて(01/27)
  3. ラジブログ(01/22)
  4. 鶴見区医師会新年会(01/18)
  5. 送別会(01/15)
  6. アウトブレイク(01/14)
  7. インフルエンザ(01/11)
  8. 仕事始め(01/06)
  9. 謹賀新年(01/01)