FC2ブログ

タイトル画像

風邪薬と湿布薬

2014.08.29(22:07) 910

近い将来風邪薬や湿布薬が医療保険で処方箋が出せなくなるかもしれません。

よく薬をジェネリック医薬品に変更を促したり、薬の数をできるだけ減らすようにという勧告が厚労省から出ていることは周知のことと思います。医療費削減のためですが、その先にあるのがこの風邪薬や湿布薬の取り扱いを保険外とするということです。

御存知の方も多いと思いますが、風邪は基本的にウイルス疾患なので、抗生物質が効きません。数日経てば自然に治ります。あくまで風邪薬というのは症状を緩和するためのものであり、治す薬ではありません。ですので、もし診察して風邪だった場合、薬なんか飲まずに家に帰って寝てなさい、というのが欧米のかかりつけ医の姿です。当然肺炎への移行や溶連菌や肺炎球菌に代表される細菌の場合は抗生物質が効果的なので、風邪を自己判断していいという訳ではありません。

湿布薬はもっと簡単な理屈です。薬局でお金を出したらすぐに手に入るものなので、わざわざ処方箋使って出すものではないでしょうということです。

実際に診療をしていて、これらのことは痛いほどわかります。日本人的と言えばそうなのですが、病院に行ったら何かもらってこなければという意識が働くのだと思います。私も例えば風邪症状ですが軽いので薬はいりませんよ、と言って喜ばれる事がほとんどですが、せっかく病院に行ったのに薬の一つもくれないのかと言われたこともありました。湿布も貼ってほしい所は決まっているのに明らかに過剰な数を求められることがあります。ほとんどは貼り方を間違えているのが多く、一番悲しいのは他の困っている人に譲渡したという話です。多分湿布薬は薬の中でも軽く思われているのでしょう。

私は無駄な薬は処方したくありませんし、処方箋と言うからには処方した保険医には当然責任があると考えています。風邪薬や湿布薬が保険外となる、このことは反対の意見が圧倒的でしょう。しかし、そんな話が出てくるのは、医療現場でのこういった事実があるからです。

敢えて書きますが、医療費が膨張を続ける昨今、医師はもちろんのこと、患者さんもモラルが問われていると思います。
スポンサーサイト




Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

ラジブログ

2014.08.27(23:43) 909

今日はラジブログの収録がありました。

予定通り前半は夏バテ、後半は逆流性食道炎の話です。

今日もとても楽しい収録でした。中村ちあきさんが介護保険のことを非常に勉強されてて、えらくパワーアップされてました。私たちの話が皆さんのお役に立てればこれ程嬉しいことはありません。

いつも収録の最後はありがとうございましたというセリフで終わるのですが、最終週だけ理事長がアドリブでごきげんよう、というセリフで締めてえらいスタッフ間で受けてました。

元ネタは朝ドラのことらしいのですが、、。私にはさっぱりわかりませんでした。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

原稿作成

2014.08.25(20:41) 908

暑い日が続きますね。今年は暑いのに加えて天気も崩れやすく、本当に過ごしにくい毎日が続きます。

今日は午前診、会議、訪問診療の後ラジブログの原稿書きに勤しんでいました。

9月の後半はリクエストを頂いた逆流性食道炎についてです。この時期胃腸の調子が悪い所にビールなどの冷たいものを流し込み、胸やけが出てきたという中年の患者さんが多く見られます。胸やけという言葉に思い当たりがある方は、是非9月のラジオを聴いて頂ければと存じます。

といったものの、いつも収録時に前の原稿が消化できず、次回持ち越しになるケースがあります。その時はどうか寛大な目でお許しくださいね。収録は生もので、その場のノリでどんどん違う話になることもあります。予定調和に行かないところが私にとってはスリリングで楽しいのですが。全ては中村ちあきさんとの駆け引き次第ですね。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

時間配分

2014.08.22(20:52) 907

今日は訪問診療に時間がかかってしまい、夜診の開始時間に遅れてしまい、ご迷惑をおかけしました。

訪問診療の時はいつも車で移動するのですが、一番律速段階になるのは訪問先での診察ではなく、この移動なのです。

例えば阪東大橋を越えるところや、鴫野と放出を移動する八軒道路、東大阪市との境になる放出駅の踏切のところで時間がかかることがあります。特に雨の日などは交通量も増えるため、余計に渋滞します。

自転車という手もあるのですが、一回の訪問診療で行く範囲は結構広いので、総合的にみるとやはり車の方が速いということになります。

曜日の調整などで出来るだけ多く廻れるようにしてるのですが、緊急の往診が入るとどうしても予定通りとはいかなくなってしまいます。

もちろん夜診の患者さんには関係のないことですし、言い訳でしかないことも承知しています。とにかく夜診に間に合うよう、時間配分を気を付けるようにします。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

美しい花

2014.08.19(23:27) 906

今日訪問診療をしている患者さんの奥様から素敵なお花を頂きました。

本当に溜め息が出るほど美しいこのお花、なんと造花で、奥様が一個一個手作りで色々な生地を縒られてお作りになったのです。

医院の窓口に飾って実物を皆さんに見てもらいたいのですが、どうしてもそれは恥ずかしいと仰られるので、奥様の御意向通り私の家で大事に飾らせて頂きます。本当にありがとうございます。



Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

休み明け

2014.08.18(17:45) 905

皆さまお盆休みはいかがお過ごしだったでしょうか。

大阪、というか関西は天気が悪く、行楽地に行かれた皆さんも非常にフラストレーションが溜まる日々だったかもしれませんね。

私は3日間ですが、久しぶりにのんびりできました。逆にこれ以上休みが続くと仕事に向けてエンジンがかからないので、これくらいの休みが丁度いい気がします。また、連休最後に梅田の百貨店でたまたま家族で遊びに来ていた患者さんとお会いしました。お子様が患者さんで、笑顔で私を迎えてくれましたが、もしかしたら、なんでこんなところにこいつがおんねん、と思われたかもしれませんね。私も電車や車が大好きなんですよ。

今日は連休中がウソのような日差しのきつい一日でした。当院のある中年の男性従業員も熱中症になりかけたとわめいておりました。まだまだ暑い日が続きます。皆さんくれぐれもお体に気をつけてお過ごしくださいね。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

送別会

2014.08.13(23:28) 904

今日は14年の長きにわたり当在宅事業部の訪問看護師として活躍された切通さんの送別会がありました。

曲者揃いの在宅事業部の面子の中で、切通さんは寡黙に、そして丁寧に任務を遂行してくれる仕事人のような方で、私はもちろん従業員からの信頼も厚いです。

療養中の池永さんも来て頂き、相変わらずの直球というかぶっちゃけトークでみんなで楽しい時間を過ごすことができました。

今は緊急事態で稼働できる訪問看護師が減っているのを見かねて、有難いことに少しの間お手伝いをして頂けるみたいです。

切通さんもう少しだけお付き合いをお願いしますね。



Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

お盆休み

2014.08.12(23:50) 903

連日緊急の往診や山のような書類の処理などで、午前様で帰宅の毎日です。

気がつけば、もうすぐお盆休みです。当医院は明後日14日から17日までお休みとさせていただきます。

もちろん在宅事業部は稼働していますし、私の24時間携帯もいつでも繋がりますので、訪問看護師とは常にディスカッションできる体制です。

いずれにせよ私が潜伏するのは近畿圏内ですので、いつでも帰ってこれるようにしています。

熱中症も去ることながら、海や川での事故も増えています。お子さんのいるご家庭はくれぐれも気をつけて、お盆休みを御満喫ください。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

台風と花火

2014.08.09(13:21) 902

台風11号が大阪でも猛威を奮っております。

今日は外来も患者さんは少なめでしたが、この雨と風では危ないので、定期薬があり調子がいい患者さんは、日を変えて頂いた方が賢明と思います。

私は午後より整形外科の会に行きますが、大阪の夏の風物詩である淀川花火大会も中止みたいですね。ふつう順延となるはずが花火大会自体が中止とのことですから、やはり台風の影響は凄いなと思います。

私は花火が結構好きで、福島区に住んでいた時は住居から花火が見えたので、往診がなければいつも早めに帰宅してベランダから枝豆を食べながら花火を楽しんでおりました。引っ越ししてから初めての夏でベランダがちょうど淀川向きのため、花火がみられるか確認しようと思っていたので、中止は残念ですね。

前の東京出張の時に大事な友人と食事をしていた時、たまたま神宮球場の花火を見ることができたのですが、今となってはとてもラッキーだったなと思います。 というのも好きといっても毎年この淀川花火くらいしか見ることができないからです。

この台風のせいで当院の従業員も大けがをしてしまい、非常につらい思いです。早く元気になってほしいですね。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

鶴見緑地に関する意見交換会

2014.08.04(23:34) 901

暑い日が続きますね。往診で外を歩いているだけで、汗だくになります。

さて、今日は19時より鶴見区役所にて表題の会に、区政会議委員として参加してきました。

鶴見緑地の魅力向上のため、ということで老朽化したトイレや日本庭園などの設備を刷新できないかという話でしたが、非常に難しい議題であると思いました。というのも、鶴見緑地はそもそも大阪市が管理しており、鶴見区や門真市が管理しているわけではないからです。しかし当然鶴見区の魅力向上のためには鶴見緑地の発展が不可欠であり、区民も様々な要望は区役所に伝えます。今回大阪市建設局の公園管理課の方も来られており、皆さんがトイレの補修や子供の森の改築工事など、限られた予算の中で綿密に計画を立てていることがわかりました。

私たちは税金を収めている以上、自分たちの考えを行政に伝える権利があります。しかし途中で榎本連合会長の木村さんが言ってたとおり、それほど緑地を変えたいのであれば、自分たちが掃除や安全パトロールなどを率先してできるのかと言われると、それは難しいですよね。

私はずっとみなさんが議論をされるのを聞いていましたが、そもそも区政会議ってなんだろうという気持ちになりました。自分たちの民間の考えを区政に反映してもらうということで私たちがいるのだと思いますが、こと鶴見緑地ということに限定すると、立案はできても変革には程遠い、空気をつかむようなものの気がしてなりません。

会議に出てこられる方々は委員のみなさんをはじめ、区役所の方も含めて非常に真剣に取り組んでいる人ばかりです。怠惰を貪る自分にとっては見習う点ばかりです。

正直私の中では整理できていないことが多く、少々混乱しています。改めて資料を読み直し、次の会議に備えよく考えてみたいと思います。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

ゼチーアフォーラム

2014.08.03(11:57) 900

今日は東京にて表題の講演会に参加しています。

ゼチーアとは一言でまとめるとコレステロールの吸収を抑える薬です。脂質異常症に対して、今はスタチンというコレステロールの肝臓での合成を抑える薬が主流です。しかしそれだけでは十分に効果がない患者さんも多く、そういった患者さんにこのゼチーアを使用することがあり、この両薬は作用機序が吸収阻害と合成阻害と全く異なり、非常に相性が良いとされています。

コレステロールの管理は大きく生活習慣病のみの一次予防、狭心症や心筋梗塞を発症後の二次予防で分けるのですが、今回の後半の講演はその二次予防の話でした。

少し残念だったのはゼチーアという薬に特化した講演が無かったことです。薬効もわかりやすい非常にいい薬ですが、今回の講演をもってもまだスタチンに追加し得る薬の一つ、という私の中の位置付けは変わりません。ただ頸動脈エコーの結果を見ると、糖尿病の患者さんには積極的に使用してもいいかもしれませんね。

良かったのは前半のカテーテルを使用した大動脈弁狭窄症の治療と、下肢の血管の薬剤溶出性ステントを使用した治療成績の報告の講演です。いずれも循環器領域の最新の治療であり、非常に興味深くお聞きすることができました。

色々と興味が湧くネタかでてきたので、大阪に帰って早速論文漁りでもします。全体としてはボリュームあり、まずまず満足のいく講演会でした。





Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

診察室の絵

2014.08.02(14:27) 899

6月より2番の私の診察室の中ドアにかわいい創作絵が飾られています。お子さんはもちろん、背中の聴診をしているときに皆さんからあらかわいい、と非常に好評です。

これ全てふれあいセンターの益田さんの手作りなのですが、本当に上手でかわいらしく、殺風景だった診察室に彩りを加えてくれています。

処置室のアンパンマンもそうですが、このようなかわいい絵ひとつで和やかな雰囲気になるのは、ひとえに益田さんの絵心と努力の賜物ですね。

日々のお仕事大変と思いますが、これからもよろしくお願いします。そして是非皆さん益田さんの作品を見にきてください。








Dr.kitadaのふれあい広場


2014年08月
  1. 風邪薬と湿布薬(08/29)
  2. ラジブログ(08/27)
  3. 原稿作成(08/25)
  4. 時間配分(08/22)
  5. 美しい花(08/19)
  6. 休み明け(08/18)
  7. 送別会(08/13)
  8. お盆休み(08/12)
  9. 台風と花火(08/09)
  10. 鶴見緑地に関する意見交換会(08/04)
  11. ゼチーアフォーラム(08/03)
  12. 診察室の絵(08/02)