FC2ブログ

タイトル画像

ラジブログ

2015.01.28(20:44) 950

今日は恒例のラジブログの収録がありました。

今回は理事長が都合で入院中のため、妹の加藤医師に出演してもらいました。

私は緊急の往診があり大幅に遅刻してしまい、妹とは別収録になってしまいましたが、今回は冷え症対策と痛風についてお話しました。妹は女性医師の話と認知症の話と聞いています。

リスナーの皆様、2月の放送を楽しみにしてください。

スポンサーサイト




Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

加湿器

2015.01.19(23:59) 949

乾燥が気になるこの季節、風邪や肌荒れ予防に加湿器を使用している家庭も多いと思います。

ただ、この加湿器は放置しておくとアレルギー性の咳やくしゃみを引き起こすことがあります。

しばらく使用していると酸味のある異臭がしたり、加湿器の中に滑りができることがありますよね。これは水アカで、細菌やカビが含まれているのです。少し位なら何も影響はありませんが、ずっと放置しておくと多量の細菌やカビを部屋中にばらまくことになってしまいます。

加湿器は確かに冬に重宝すると思いますが、こまめにメンテナンスをすることが重要です。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

診断と治療

2015.01.14(23:47) 948

冬と言えば感染症で、インフルエンザやRSウイルス、アデノなどの呼吸器の感染症、そしてノロウイルスに代表される胃腸炎などが有名です。

最近インフルエンザと同様に流行しているのがRSやノロウイルスですが、これらに共通するのは迅速検査があることです。もちろんどれもきちんと治療しないといけない感染症なのですが、この中で取り分けインフルエンザの検査が圧倒的に多くなるのは、感染力もさることながら、ちゃんとした治療薬が確立されているからだと思います。逆に言えば、RSやノロ、アデノなどは特効薬は存在しないのですね。

もちろん公衆衛生的な側面で学校や病院、施設で流行を把握するために検査をすることもありますが、治療戦略に影響しない検査ということになります。

個人的な意見としては、病院や施設など、集団で生活している比較的免疫力が低下している人が多い場所では検査に意義がありますが、個人で調べるレベルだと少なくとも必須だとは思わないですね。

インフルエンザを特別視する訳ではありません。インフルエンザも、基本的には薬を使用しなくても治ります。ただ、解熱するまでの期間を減らすなど有効な薬があるから、検査の意義があるのだと考えます。

かつて治療に影響しない診断は医者の自己満足だと言った先生がおりました。

私は先に書いた通り必ずしもそうだとは思いませんが、流行してるからと言う理由だけで、あれもこれも検査をする風潮はいかがなものかと思います。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

再会

2015.01.11(23:11) 947

年始早々の三連休、皆様いかがお過ごしでしょうか。

今日はプライベートで大学の先輩で大阪で仕事されている先生と同期の旧友と食事しました。

特に今日初めて大阪でお会いした先生は学生時代からずっとお世話になっていて、非常に面倒身のいい尊敬できる方です。意外と勤務地が近くてびっくりしました。

また色々と情報交換させてくださいね。


Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

送別会

2015.01.07(23:23) 946

今日は長く訪問看護として勤務してくれた芳尾さんの送別会がありました。

私の勝手な意見ですが、看護師さんは一般的に優しいのですが割とドライなというかサバサバした人が多く、うちの訪問看護師もそういうイメージなのですが、芳尾さんは今どき珍しい義理人情の人です。
技術もさることながら患者さんや利用者さんからの信頼も厚く、話をとことん聞いて、なかなか時間に帰って来れないということが多々ありました。困っている人を放っておけないタイプで、そういう意味では看護師が正に天職なのだと思います。

今回充電期間とのことで惜しまれつつ退職ですが、必ずやまた帰って来てくれると信じています。
長く訪問看護を支えてくれて本当にありがとうございました。



Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

インフルの嵐

2015.01.06(23:07) 945

新年明けてから診療再開し2日経ちましたが、インフルの患者さんが多数みられています。

明らかに昨年末よりも増加しており、昨日は1日で検査だけで30回を超えてしまいました。当然その全てがインフルという訳ではないのですが、微熱や感冒症状に乏しくても検査陽性となる患者さんもいるため、どうしても迷ったら検査をして頂くことにしています。

それが適切な治療を受けられる患者さんのためであり、周囲への流行を抑制するための、かかりつけ医の使命と思うからです。

インフルの検査は鼻が痛くなり費用もそれなりにかかるため嫌がられることも多いですが、流行中はどうしても必要なのです。皆さん御協力宜しくお願いします。



Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

2015年

2015.01.04(22:42) 944

新年明けましておめでとうございます。

年末年始は数件患者さんから問い合わせがあり往診も行きましたが、いずれも大事には至らず良かったです。

私もいつもは全くできていないこと、つまり子供と遊びに行ったり、細やかながら奥さんの手伝いをしたりしました。私が元気で皆さんの前で仕事をしていられるのは、家族が支えてくれているからです。そして従業員が付いてきてくれるからです。

本年も宜しくお願い申し上げます。



Dr.kitadaのふれあい広場


2015年01月
  1. ラジブログ(01/28)
  2. 加湿器(01/19)
  3. 診断と治療(01/14)
  4. 再会(01/11)
  5. 送別会(01/07)
  6. インフルの嵐(01/06)
  7. 2015年(01/04)