FC2ブログ

タイトル画像

ラジブログ

2015.07.22(23:28) 983

今日はラジブログの収録がありました。

今回はゲストとして晃和会広報部長の土井さんに加え、先月に続き訪問看護の山本さん、そして福祉用具レンタルから高川さんに来てもらいました。

私の話はクーラー病、介護の必要な人の旅行、夏バテ、服薬についてです。

後半はゲストの皆さんの話ですが、非常に分かりやすく訪問看護の魅力、福祉用具の購入とレンタルの違い等を話してくれたと思います。

相も変わらず賑やかな収録で、スタジオの楽しい空気がリスナーの方に伝えられればいいんですけどね。8月も是非皆さん日曜朝8時45分からのラジブログを聴いてください。
スポンサーサイト




Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

手足口病

2015.07.14(23:56) 982

全国的に手足口病が流行しているとのことですが、当医院でも幼児を中心に来院される方が増えています。

特徴は風邪の症状に名前の通り手足口に水疱性の発疹が出来ることで、意識すると一般人でも直ぐにわかります。発疹はほとんど症状がありませんが、口の中に発疹ができるとそれが痛みを伴って、水や食べ物を欲しがらなくなります。

名前が有名なため話題になる疾患ですが、あまり高熱がでず数日で元気になる、重症化しにくい疾患です。

乳幼児がなりやすい疾患ですが、それは飛沫、接触、糞口感染という経路にあり、距離が近く同じ共有物を使用し、防御が未熟だからです。

よく親御さんから登園基準を問われますが、実は明確な基準はありません。その理由はインフルエンザや風疹などと違い重症化しにくいことと、厳密には便中には数週間ウィルスが排出されるため、現実的に完全に離すことは困難だからです。

私は解熱していること、明らかに元気なこと(子どもはこれが一番重要)、水分が摂れること、発疹がましになってきていること(完全消失ではありません)を満たせば、登園はオッケーと考えています。

有効な治療法はありませんがそれほど恐くない病気である手足口病、もし不明点などあれば、お話しさせて頂きますので、気軽にお尋ねください。

Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

講演会

2015.07.08(23:52) 981

今日は榎本女性会の皆さまに招待され、放出会館にて脳卒中の講演をしてきました。

脳卒中は脳梗塞、脳出血、くも膜下出血などの総称ですが、ご存知の通り発症すると危険で、命を落としたり助かっても介護が必要な状態になることがある、大変恐ろしい病気です。

出来るだけ絵やグラフを用いて分かりやすくしたつもりですが、少しでもお役に立てれば幸いです。

これからの季節は脱水からくる脳梗塞に注意が必要です。皆さん、こまめの水分摂取をお願いします。


Dr.kitadaのふれあい広場


2015年07月
  1. ラジブログ(07/22)
  2. 手足口病(07/14)
  3. 講演会(07/08)