FC2ブログ

タイトル画像

仕事納め

2015.12.29(23:45) 1003

今日で本年度の北田医院の診察が終了しました。スタッフ総出で大掃除をして、恒例の和食さとで打ち上げをして、お別れしました。

また、今日はもっと大事なイベントがありました。北田医院の創設者である、聡子先生の引退式です。

考えて見れば、なんと60年以上に渡り診療に携わってきた訳で、驚愕です。私もおかげさまで多忙な毎日を送っていますが、かつて実家の母屋で救急車のない時代に診療してきた全盛期の聡子先生の仕事量に比べれば、私など足元にも及びません。少しの間でしたが、聡子先生、正治前理事長と共に3人で同じ時間に診察をしていた時の事を、私は一生忘れることは無いでしょう。本当にお疲れ様でした。

さて、北田医院は来年1月5日より診療開始となります。皆様におかれましては、よい新年を迎えられますよう、心よりお祈り申し上げます。

スポンサーサイト




Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

クリスマス

2015.12.24(23:56) 1002

今日はクリスマスイブでした。

外はカップルや家族連れで賑わっていたのでしょうが、北田医院は祝日明け、年末休暇前、風邪の流行の影響か、違う意味で賑わっておりました。

当医院でもポツポツとインフルエンザの患者さんが見られるようになり、そろそろ流行の兆しを見せ始めています。

今日風邪症状で来られた患者さんも、年末までに体調整えるように治療していきたいと思います。

今年デビューした、今流行りのLEDを身に纏ったクリスマスツリーです。とても綺麗でクリスマスムード満点ですよ。


Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

中央休日夜間急病診療所

2015.12.10(22:49) 1001

今日は夜診終了後、午後10時から午前2時まで西区にある急病診療所にて診療をしてきました。
昨日の忘年会の興奮と筋肉痛の冷めやらぬ中、仕事中毒っぷりをいかんなく発揮しています。

急病診療所に行って私がまず確認するのは、最近の感染症の発生状況です。そもそも急病というか朝までまてずに病院に行こうと思う疾患の大半は感染症ですので、急病診療所ほど感染症のリアルタイムな動向が分かるところはないのです。

現在は大人子供問わず、感染性胃腸炎が多いみたいですね。乳幼児に限定すると、RSウイルス感染症が多いみたいです。気になるインフルエンザですが、まだ流行、とまではいかないものの、数名出ているみたいです。この日も小児でインフルエンザの患者さんがでたので、対岸の火事とはいかなくなってきています。

今年は暖冬とのことですが、やけに気温差の激しい日が多い気がします。果たしてどのタイミングでインフルエンザが本格的に流行するのか、注意深く観察する必要がありそうです。



Dr.kitadaのふれあい広場


タイトル画像

忘年会

2015.12.09(23:38) 1000

今日は我々医療法人晃和会の忘年会を行いました。

2部制で、前半は前理事長北田正治の黙祷に始まり、追悼のメモリアルアルバムをスクリーンに投影し、みんなで思い出を分かち合いました。後半は通常の忘年会です。しかし、今回は以前のようなくじで景品を当てるような内容ではなく、しっとりと音楽鑑賞をしながら労を労う会にしようと予定しておりました。

が、それでは面白くないと私を初めとする一部の有志が立ち上がり、ジャズのライブの途中でみんなを巻き込んで、お祭り状態にしようと企てており、ケアマネの田中君を初め一部の従業員に下準備をしてもらい会に臨みました。

結果、初めは遠慮がちだった従業員の皆さんも楽しくなってきたのか私の強引な誘いに断りきれなくなったのか、はたまた踊らなければいけない雰囲気になったのか、最終的には来賓の皆さんも巻き込んで、ほとんどの出席者で大きな輪を作って踊るという、小学校のキャンプファイヤー状態にもっていくことができました。この一体感こそ私が望んでいたもの。いやあ本当に最高の雰囲気でした。

最高のジャズで私たちを導いてくれたニューオリンズレッドビーンズの皆さん、素晴らしい一体感を演出して頂き有難うございました。皆さんなしでは盛況はあり得ませんでした。来賓の皆さんも、色々な思いで出席して下さったと思いますが、新たな一歩を踏み出した私たちを見て頂けたのではないかと思います。今後ともよろしくお願いします。

忘年会過ぎてもまだ本年は続きます。明日からも頑張りましょう。



Dr.kitadaのふれあい広場


2015年12月
  1. 仕事納め(12/29)
  2. クリスマス(12/24)
  3. 中央休日夜間急病診療所(12/10)
  4. 忘年会(12/09)